「魅惑の中国」観光宣伝で投稿された動画、スイスアルプスの風景と発覚

拡大画像を見る

今月10日、中国メディア『中国日报(チャイナデイリー)』がTwitterに投稿した動画が物議を醸している。投稿には「#GlamorChina(魅惑の中国)」とハッシュタグが付けられており、動画は空気の澄んだ美しい山の麓に小さな町があり、曲がりくねった小道を白い犬が嬉しそうに走る様子が捉えられている。

そして「山の麓の小さな町で愛犬と一緒に楽しい時間を楽しむ。そんな穏やかな休暇をここで過ごしてみませんか?」と中国への旅行を促すような文も添えられていた。

しかし『Coconuts Hong Kong』によると、Twitterユーザーから「この動画が映っている場所は、中国ではなくスイスアルプスにあるブリエンツ周辺だ」と指摘があったようだ。またオリジナルの動画はブリエンツを拠点に活動している写真家のシルビア・ミシェルさん(Sylvia Michel)が撮影したもので、登場する白い犬は彼女が飼っている犬ということも判明した。

のちにシルビアさんは、自分の動画が勝手に加工され中国観光のアピールとして使用されたことに憤慨し、『中国日报』に対して「あなた方は私から、そしてスイスからこの動画を盗みました。あなた方はこの動画を削除すべきです」とTwitterを通して警告したそうだ。

さらにシルビアさんがTwitter社にも問題を報告したことで、現在は投稿が削除されている。

この『中国日报』の失態を知った人たちからは次のような声があがった。

「中国には美しいものがたくさんあるのに、まだこんなことしてるのか。情けない。」
「彼らは自分のもので無いものも我らのものだと主張する。もう別に驚かないけどね。」

中には「いや、彼らは中国国内にスイスアルプスを複製したんだよ」「多分、彼らはスイスへの旅行を宣伝してくれたんじゃない」といったジョークも見られた。

多くの非難を浴びてしまった同メディアだったが、『UNILAD』によると今月24日の時点では今回の件について声明は発表していないという。

画像は『UNILAD 2021年5月24日付「Chinese State Media Tries To Promote China Using Video Of Swiss Alps」(@ChinaDaily/Twitter)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 5/26 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 脱走兵

    5/28 10:58

    何かおかしいか?中国にとって世界のどこであろうが全て中国の所有物なんだから。

記事の無断転載を禁じます