深田恭子が適応障害で休養 7月期連ドラ降板 撮影前で代役など未定とフジテレビ

拡大画像を見る

 女優の深田恭子(38)が、「適応障害」と診断され、休養することが26日、分かった。所属するホリプロが発表した。

 ホリプロによれば「昨年春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入り、医師より『適応障害』と診断されました。これにより当面の間、治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます」と説明した。

 出演予定だった7月期のフジテレビ連続ドラマは降板するという。同局によると、まだ撮影には入っておらず、代役を立てるかなどについてはまだ決まっていないという。

 フジテレビは「深田恭子さんの1日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます」とコメントした。

関連リンク

  • 5/26 20:46
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • マリン

    5/26 21:23

    驚きました。お疲れ溜まっているのでしょうね・・・

記事の無断転載を禁じます