明石家さんま「再婚した方がいいんですか」元妻・大竹しのぶと爆笑“元夫婦漫才”

拡大画像を見る

 タレントの明石家さんま(65)が26日、都内で行われた自身が企画・プロデュースを務めるアニメーション映画「漁港の肉子ちゃん」(6月11日公開)完成報告会に、声優を担当した元妻で女優の大竹しのぶ(63)、木村拓哉(48)と工藤静香(51)夫妻の長女でモデル・Cocomi(20)、「鬼滅の刃」主人公・炭次郎役の声優・花江夏樹(29)らと登壇した。

 本作はいつも底なしの明るさでパワフルに生きる肉子ちゃん(大竹)と多感な年頃の娘・キクコ(Cocomi)の訳あり親子が繰り広げるハートフルコメディー。完成間近だといい、さんまは「たぶん100点をいただいても良いような作品になりましたので、見ていただきたい」と自信を見せた。

 バラエティー番組では何度も共演し、プライベートでも交流の続く元夫婦のさんまと大竹だが、公の場に出てくるのは極めて異例。さんまは大竹の隣に並ぶとせわしない様子で「久々に記者会見のような席に、隣に大竹さんいて…これ再婚したほうがいいんですかね。2年前から同じマンションに住んでます。しんちゃんと呼んでます。こちらはさんちゃんと呼んでます」とまるで結婚会見風の冗談で笑わせた。

 一方、大竹は「できあがった映画も温かくて、ああこんないい映画を作る人なんだ」とさんまの新たな一面を見たと明かした。「絵とかストーリー、ちょっとした会話も家族で楽しめる作品だなと」と本作の感想を言うと、さんまは「俺の前で家族って!」とツッコミ。大竹は「ごめんごめん、家族いないもんね。家族いる人もいない人も楽しめる映画だと思います」と痛烈な一言を浴びせた。

関連リンク

  • 5/26 20:36
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます