「トロフィーを持ち帰りたい」 ビジャレアルDFがEL決勝に意気込み

拡大画像を見る

 ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスが26日に行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝、マンチェスター・U戦に向けて意気込みを語った。25日、クラブ公式サイトが伝えている。

 ビジャレアルはクラブ初のEL制覇に王手をかけている。同クラブはグループステージを5勝1分で首位通過。決勝トーナメントに進むと、ラウンド32でザルツブルク、ラウンド16ではディナモ・キエフを相手に勝利を収めた。準々決勝ではクロアチアの強豪ディナモ・ザグレブと対戦し、EURO2020のスペイン代表に選ばれたジェラール・モレノの活躍もあり準決勝に駒を進めると、準決勝ではアーセナルと対戦。ファーストレグで挙げた2点のリードを守り抜き、2戦合計2-1で決勝進出を決めた。

 会見に臨んだパウ・トーレスは決勝について「この試合は非常に特別なものである」と言及。「クラブがEL決勝で求められるレベルに達している」と自信を見せている。

「ついに僕たちが決勝に進出する番が来た。様々な世代の下部組織出身選手が団結し、ビジャレアルという町のために戦うことは、とても特別なことだ。我々は決勝で戦えるレベルに達している」

「決勝戦では常に最高のチームと対戦することになる。僕たちはいつものように、しっかりと準備をして試合に臨むよ。彼らの長所も短所も研究した。試合に向けての準備はできている。シーズンを通して素晴らしい選手たちと向き合ってきたんだ」

関連リンク

  • 5/26 18:30
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます