上杉家による関東支配に終止符!本家と分家の抗争「19年の修羅」

拡大画像を見る

 関東地方における戦国時代は事実上、享徳の乱(1454〜1482)でその幕を開け、当時は味方だった山内上杉家と扇谷上杉家が一転、長享の乱(1487〜1505)で対立して衰退したことから勢力図が一気に塗り替えられた。

 上杉といえばやはり、越後の戦国大名である上杉謙信が真っ先に思い浮かぶが、そもそも、どういう一族だったのか――。

 上杉氏は公家の勧修寺流藤原氏の出身。鎌倉幕府の六代将軍となった宗尊親王の関東下向に供奉した始祖の重房が、武家に転身して丹波国の上杉荘(京都府綾部市)を領し、孫の清子が足利貞氏に嫁して尊氏(室町幕府初代将軍)と直義の兄弟を産んだことから将軍家に重用された。

 その後、尊氏の四男である基氏が初代関東公方となって鎌倉で関東の政務に当たると、上杉憲顕がその執事役である関東管領に補任され、上杉氏はほどなくして枝分かれ。

 宗家の屋敷が鎌倉の山ノ内にあったことから山内上杉家と呼ばれた一方、同じく扇谷の一族が扇谷上杉家を称した。

 前者はその後、当主の憲政が越後守護代だった長尾景虎に支援を求める代わりに関東管領職と上杉姓を譲渡。

 景虎が後に上杉謙信に改名した一方、扇谷上杉家は山内上杉家の風下に立たされてきたが、“容貌端正にして英気凛然”といわれた武将で江戸城を築いたことで知られる太田道灌の登場により、宗家と肩を並べることになる。

 道灌が扇谷上杉家の家宰(家老)を父から継いだ当時、関東は前述の享徳の乱の真っ只中にあり、関東公方の足利成氏が享徳三年(1454)一二月、関東管領の上杉憲忠(山内家)を御所に招いて謀殺したことがその発端。

 成氏は戦渦が拡大する中、鎌倉を捨てて下総国古河に入り、古河公方と呼ばれた彼と両上杉氏が争い、京の幕府が伊豆の堀越(伊豆の国市)に送った足利政知(堀越公方)を支えたというのが戦いの構図だった。

 こうした中、道灌は扇谷上杉定正の家宰として堀越公方陣営に属して、古河公方陣営になっていた長尾景春方の拠点を攻略。

 味方の陣営を一気に立て直し、長尾軍を用土原(埼玉県寄居町)の合戦で打ち砕いたことで、景春に期待していた成氏が和平を望み、紆余曲折を経て両上杉と和睦が成立し、彼は文明一四年(1482)、正式に幕府から赦免され、三〇年近くに及んだ享徳の乱が終結した。

 だが、これが一九年にも及ぶ両上杉家の対立の呼び水となり、山内上杉顕定は大乱を一気に終結させた道灌、ひいては扇谷上杉家の影響力が増大することを警戒。

 道灌は文明一八年(1486)七月、扇谷上杉定正の居館だった糟屋館(神奈川県伊勢崎市)に招かれて風呂から上がったところ、曾我兵庫という上杉家の家臣に斬殺された。

 これは道灌が扇谷上杉の実権を掌握し、譜代衆の妬みや定正の疑心暗鬼が原因だった一方、顕定が彼をそそのかした可能性もあり、両上杉家の関係は道灌の死後に実際、険悪化。

 顕定は長享元年(1488)の前哨戦の翌年、越後守護家の上杉氏(謙信の旧主筋)とともに定正の本拠地だった相模国に侵攻し、道灌を欠いた扇谷軍は実蒔原(伊勢崎市)の合戦に勝利したものの、相模国内の要害を山内軍に落とされて劣勢のまま大乱に突入した。

 むろん、顕定が道灌を葬り去ったとすれば、予想通りの展開にほくそ笑んだはず。

 ただ、定正が享徳の乱で対立した長尾景春らと手を組み、扇谷軍は巻き返しを図って武蔵国須賀谷(埼玉県嵐山町)にあった山内勢の拠点を攻撃。

 死者七〇〇名余を出す激戦となり、定正は山内の勢力圏だった高見原(同小川町)でも矛を交え、武蔵国を舞台にした合戦では扇谷軍が優勢だった。

■上杉氏の支配が終わり北条氏らの版図が拡大

 その後、両軍の戦いが沈静化する中、北条早雲こと伊勢宗瑞が参陣したことで様相は一変。

 早雲はかつて、出自不明の浪人者といわれたが、幕府政所執事の伊勢一族出身が通説になりつつある武将で、縁戚関係にあった駿河の今川氏の内紛を鎮めると、前述の政知の死後、公方の座を力尽くで奪い取った足利茶々丸を追い、伊豆国を手に入れた。

 一方、明応三年(1494)には顕定が攻勢を強めて武蔵から相模に進軍し、扇谷方の玉縄要害(鎌倉市、藤沢市)を攻略。

 窮地に陥った定正が早雲に援軍を要請し、彼は見事に山内勢を相模から追い払うと、この乱に乗じて小田原城を手に入れ、北条氏(鎌倉幕府執権の北条氏と区別して後北条氏と呼ばれる)の相模及び、武蔵に進出を始めた。

 だが、定正はその余勢を駆って早雲とともに武蔵の北部に攻め入ったものの、荒川の直前で落馬して急死し、扇谷家の家督を甥の朝良が継承。とはいえ、定正が急死した影響は大きかったようだ。

 扇谷勢は早雲の甥だった今川氏親の参戦もあり、今川と北条の連合軍とともに立河原(立川市)で山内勢を破ったことはあったものの、その後の戦いで相模国の守護代級の武将が討ち死にし、朝良は永正三年(1506)三月、川越城を山内勢に包囲されて降服。

 顕定は朝良を隠居させ、名代を立てて扇谷家をコントロールしようとしたが、その陣営の武将らの反対に遭い、彼の身柄を武蔵の須賀谷を移すだけにとどまり、一九年に及ぶ乱はこうして幕を閉じた。

 と同時に、関東では新たな争乱の幕が上がり、早雲が長尾為景(謙信の父)や前述の景春らと結ぶと、なおも山内勢と戦い、北条氏が相模から武蔵、さらには北関東に版図を拡大。

 天文一五年(1546)、扇谷家は北条氏に滅ぼされ、山内家が関東管領職と家督を前述の通り、越後の謙信に譲ると、争乱は彼と北条氏康(早雲の嫡孫)の代に引き継がれた――。

●跡部蛮(あとべ・ばん)1960年、大阪府生まれ。歴史作家、歴史研究家。佛教大学大学院博士後期課程修了。戦国時代を中心に日本史の幅広い時代をテーマに著述活動、講演活動を行う。主な著作に『信長は光秀に「本能寺で家康を討て!」と命じていた』『信長、秀吉、家康「捏造された歴史」』『明智光秀は二人いた!』(いずれも双葉社)などがある。

関連リンク

  • 5/26 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます