「鬼滅の刃」スタッフに藤本賞「映画界全体を大いに活性化させた功績」

 功績著しい映画製作者を表彰する第40回藤本賞が26日、発表され、史上初めて興収400億を突破する歴史的大ヒットとなった「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のスタッフが輝いた。2020年4月から21年3月までの公開作が対象となる。

 映画演劇文化協会は、授賞理由について「アニメーション映画としての圧倒的な映像と音楽、そして老若男女全ての世代の心を掴む魅力的な物語が、迫力あるLiSAの主題歌の効果と合わせて社会現象を巻き起こし、3000万人に迫る観客の共感を呼び、20年ぶりに日本映画の観客動員記録を塗り替えた。全米でも記録的なヒットを飛ばすなど海外での成功も合わせ、コロナ禍で沈滞していた映画界全体をも大いに活性化させた功績により」と説明した。

関連リンク

  • 5/26 17:05
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます