吉村知事 緊急宣言再延長なら規制を一部緩和へ プロ野球もUSJも「同じルールで」

拡大画像を見る

 大阪府の吉村洋文知事が26日、大阪市の府庁での囲み取材に応じ、今月31日が期限の緊急事態宣言が再延長された場合、土日に規制の要請を継続する一方で、平日は制限を設けながらも緩和する可能性を示した。

 大阪府では、宣言が再延長された12日以降も独自に制限継続を決め、要請によりオリックスの京セラドーム開催試合なども無観客での開催。百貨店など大規模な商業施設や遊興施設、USJなどのテーマパークも休業が続いている。

 宣言が延長された場合について、吉村知事は「人と人の接触を抑制すべきという考えはいまも変わりません。人流を抑制した結果、新規感染者減少している」とした上で、「土日に関しては(休業を)お願いすべきだと思っている」とした。

 ただ、平日に関しては時短営業、規制緩和を認める方向で検討していることを説明。吉村知事は「緩和?あり得ます。人数制限とキャパシティーコントロールをした上で、プロ野球もUSJも同じルールの中でやっていきます。特定のところだけルールを変えるのはおかしい。同じルールでやっていく。その中にプロ野球もUSJも含まれると考えています」と見解を示した。

関連リンク

  • 5/26 17:05
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます