NANAMI、俳優・柳俊太郎との熱愛報道に“ヤラセ”疑惑浮上中! 事務所の「売り込み」姿勢に業界内から厳しい声

 先日、一部週刊誌で熱愛を報じられた“堀北真希の妹”でモデルのNANAMI。後追い報道をするメディアは少なく、ネット上では「ヤラセ説」が疑われるという、少々物悲しい展開を見せているが、マスコミ関係者の間では、事務所サイドの「拡散希望」対応が話題になっているとか。果たしてNANAMI本人の思惑は――。

 熱愛が報じられたのは、4月23日発売の「フライデー」(講談社)。お相手は、俳優・柳俊太郎で、記事によれば交際期間は1年以上に及ぶという。

「双方とも交際は否定しておらず、この報道で『公のカップル』となりました。しかし、発売後にこの話題について後追いするメディアはほぼ皆無で、『フライデー』に掲載されたツーショット写真を見ると、2人とも顎までマスクを下げて顔が見えるようにしており、中には、NANAMIがカメラに目線を送っているものもあるため、ネット上では『わざと写真を撮らせたのでは?』『ただの売名?』などと“ヤラセ”を疑う声が続出。NANAMIは、『堀北真希の妹』として芸能界デビューを果たし注目を集めましたが、それ以上の話題は特にありません。一方の柳にしても、『有名俳優』というにはまだ一歩手が届かない状態だけに、この盛り上がらなさは至極当然といえます」(芸能ライター)

 そしてこの熱愛報道について、NANAMIの所属事務所・アソビシステムは「意外な対応」を取っているのだとか。

「あるメディアが、熱愛とは関係のない案件で事務所に問い合わせたところ、事務所側から『熱愛報道は取り上げないんですか?』と逆質問をされたそうです。しかも、『できれば記事にしないでほしい』というなら話はわかりますが、反対に『後追いも大丈夫なのでよろしくお願いします』と“プッシュ”されたとか。報道の取り扱いに『許可が下りた』というよりも、むしろ『売り込み』に近い対応だったということです」(スポーツ紙記者)

 また、柳が所属するアノレも交際報道に前向きだったそう。

「アノレは浅野忠信らが所属する役者系の硬派なプロダクションですが、やはりこの件に関しては『テレビや新聞でも取り上げてOK』と、寛容な姿勢を見せていました。揃って『後追いOK』が出てもなお、大々的に取り上げられないのは、やはり両者のネームバリューのなさがネックとなっているのでしょう」(同)

 こうあっては、もはやネット上の「ヤラセ説」が立証されたようにも見えるが、そうだとしても業界の反応は、やや手厳しい。

「そもそも『ヤラセ熱愛』というと、ビッグネーム同士が映画やドラマで共演する際に、作品を盛り上げるために仕込まれるもの。NANAMIの知名度では、せいぜい『読者モデルに彼氏ができました宣言』程度のニュースバリューにしかならないので、たとえ本当に熱愛報道がヤラセだったとしても、成立すらしてないと思います」(芸能プロ関係者)

 次に彼らの進展が報じられるとすれば、「結婚」もしくは「破局」が考えられるが、後者であっても、やはり所属事務所は「拡散希望」攻勢を取るのだろうか。

  • 5/26 12:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます