菅首相「さざ波」ツイートの高橋洋一氏からの辞任報告に「あ、そう」

拡大画像を見る

 「さざ波」発言などで内閣官房参与を辞任した高橋洋一氏が25日、自身のYouTubeチャンネルで辞任の状況などについて語った。高橋氏は冒頭で「下品な不適切な表現をしましたので、それについては深く反省をしております。いろいろと迷惑をかけた方々におわびを申し上げます」と謝罪した。

 辞任について、心残りがあるかどうかを尋ねられたが「全然ないよ。お金も何ももらってないんだから」とサラリ。菅義偉首相に辞任を伝えた際には「向こうは何も言わないです。『あ、そうですか』っていう感じです」とあっさりした対応だったことも明かした。

 一方で、発言の内容については「中身はまったく変えてません」と一貫していることをあらためて主張。コロナ禍での日本の規制を「屁みたいな」と表現したツイートでも「どうして日本は(欧米に比べて)緊急事態宣言が弱いのか。平常時に憲法改正してないから。先進国で唯一緊急事態条項がない国になっちゃった。緊急事態条項がないから厳しい行動規制ができない」と説明した。

関連リンク

  • 5/26 16:23
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます