熊田曜子 流産の過去、大きなショックも「上の子が救ってくれた」

拡大画像を見る

 タレントの熊田曜子が25日、自身のYouTubeチャンネルで、流産をしたときの辛い思いを打ち明けた。

 熊田はグラビアタレントの浜田翔子と一緒にYouTubeに登場。浜田とともに妊活や、結婚後のグラビア活動について赤裸々トークを繰り広げた。

 浜田は不妊治療をSNSで公開していたことから、同じ境遇の女性ファンから多くのDMをもらったことを打ち明けると、熊田も「流産したときにDMがすごいきた、メッセージが。流産も言えなくてとか、どう乗り越えましたか?とか…」と、やはり流産を経験したファンからの質問が数多くきたことを打ち明けた。

 熊田は「私は、2人目の時に流産をしたから、すっごい落ち込んだ」とショックだったと振り返るも「でも上の子がいたから救われたと思う。悲しいけど、子育てはしないといけないから。(育児を)していると気が紛れる。この子の母親だからちゃんと育てようと思うし、上の子が救ってくれた」と振り返っていた。

 熊田は12年4月に結婚し、同年12月に長女を出産。15年10月に次女、18年6月に三女を出産した。21日には夫が熊田の顔をたたいたとして、逮捕される騒動があった。

関連リンク

  • 5/26 11:47
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます