『恋する母たち』出演の藤原大祐、注目の「制コレ」グランプリ光野有菜とW主演

拡大画像を見る

映画『orange-オレンジ-』『小さな恋のうた』『羊と鋼の森』『雪の華』など、数々のヒット作品を生み出してきた橋本光二郎監督が、新鋭の若手役者2名とオリジナルのショートフィルム『花咲く頃に、僕らは』を制作し、5月28日(金)よりオンラインにて配信する。




出演者は、2019年に芸能界に入り、間もなくしてTVドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』『恋する母たち』など話題作に立て続けに出演し、ネクストブレイク俳優として期待を集めている藤原大祐と、集英社『ヤングジャンプ』主催の「制コレ’20」でグランプリを受賞して芸能界デビューし注目を浴び、今作で初芝居に挑戦を果たした光野有菜がW主演を務める。



また、今作は映画『陰陽師』『桜田門外ノ変』『ジョジョの奇妙な冒険』『マンハント』『みをつくし料理帖』など、日本のみならずアジアをはじめ、広く世界に通じる作品の脚本を手がけてきた脚本家・江良至によるオリジナルストーリー。

コロナ禍によって制限を余儀なくされた中でも“音楽”や“芸術”が人の心に希望という光を与え、励ましてくれるものと気付かされた。そして「若者たち」という安易なくくりでそれぞれの夢ある未来や華々しい青春の「今」を我慢させられた高校生たちの思いは果たして「しょうがない」なんて物知り顔のひと言で解消されるほど簡単なものであろうか?

ソーシャルディスタンス、リモート授業、学校行事の中止、大変なのは大人だけじゃない!!彼らの心の叫びと希望、マスクの下でも通じる励まし合う心を描いたストーリー。


注目されている若手役者たちによる日本高校生の今を表すこのショートフィルムは、YouTubeにて、5月28日(金)20時よりプレミア配信。W主演を務めた藤原大祐と光野有菜からコメントが到着した。

<藤原大祐 コメント>
橋本監督の手掛ける作品はどれも鮮やかで素敵なので、お話を頂いた時は凄く嬉しかったです。「しょうがない」という1つの言葉をトリガーに、誰もが何かを諦めてしまっているこの現在の世界に対して、高校生が必死にもがき、訴えかける作品となっています。今だからこそ観て頂きたい作品ですので是非ご覧ください。

<光野有菜 コメント>
今回が初めてのお芝居でした。何もかも初めての経験でわからないことばかりでしたが、橋本監督が根気よく熱心にご指導してくださったことが自信となり、現場ではあまり緊張することなくリラックスして撮影できました。スタッフさんやキャストの方々にも温かく接して頂き恵まれた環境だったと感謝しています。台本を初めて読んだ時、共感する点が沢山ありました。今のコロナ禍で不自由な状況から全て"しょうがない"と色々なことに諦めてる自分にも気が付きました。この作品を観て少しでも皆さんが明るく元気になってくれたら嬉しいです!




■『花咲く頃に、僕らは』
監督:橋本光二郎
脚本:江良至
主演:光野有菜・藤原大祐
製作:エーライツ
企画・制作プロダクション:ステラピクチャーズ

関連リンク

  • 5/26 12:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます