“進化系レトルト麺”は独自新製法で常温5年保存が可能!

拡大画像を見る

編集部より厳選されたおしゃれな情報を皆様におとどけします。



パスタやうどんを常温長期保存!
おいしさにこだわった“ストック飯”「TABLE STOCK」


食べ慣れているパスタやうどんを長期保存で、いざというときに備えられたらうれしいですよね! “暮らし美味しくストック”を掲げるテーブルストックでは、東日本大震災で被災者の声を聞いた経験から、「おいしさにこだわった保存食」を10年越しで開発。今年4月から発売しています。

独自新製法で常温5年の長期保存が可能なため賞味期限切れによる食品ロスを減らしたり、廃棄物削減や災害時のための容器として使えるパッケージにするなど、たくさんの工夫がされています。

独自新製法による常温5年保存が可能! 災害時でもおいしいものが食べられる


「TABLE STOCK」の商品は、2011年3月11日の東日本大震災を機に生まれたもの。災害時でもいつもとかわらないおいしい食事が食べられるよう、いざという時のための保存食としてストックしておくことができます。その期間は5年間! 防災アイテムにオススメです。

小麦を使ったパスタやうどんの麺は、ソースやスープと同じパッケージに入れてしまうと麺が伸びてしまいおいしさが損なわれてしまいます。この「TABLE STOCK」は、独自新製法のレトルト技術により、同じパッケージ内でもソースやスープが麺にしみこむことなく、湯せんで温めることによって初めて絡むため、いつでも作りたての味・食感が楽しめます。

ワンアクションで食べられてカンタン&時短!


袋のまま湯せんするため、貴重な飲料水以外でも温めが可能です。

また、環境に配慮したバイオマスインクや再生紙を使ったパッケージは、災害時やアウトドアシーンで容器として利用でき、廃棄物の削減が可能です。食べ終わったら小さくたたんでゴミ箱へ。

さまざまなシーンで活躍できる可能性


「常温5年の長期保存」「麺と具材、ソースやスープのオールインワンによる栄養補給の簡略化」「スペースを取らない」「保存食とは思えないおいしさ」など、多くの特徴を持つ「TABLE STOCK」は、災害時はもちろん、ローリングストック、アウトドア利用などさまざまなシーンで活躍! 時短で簡単に食べられるので、リモートワークやおうち時間での食事にもぴったりです。

パッケージ内を無菌化しているため、保存料・合成着色料は不使用。災害時など“命を守るための食品”として食べてほしいという思いから、パッケージには栄養成分表示はもちろん、アレルギー物質についてもしっかりと表記しています。

編集部が食べてみた


今回、「おいしさにこだわった保存食 ボロネーゼ」を試食してみました。
封を切らずに3分間、1分ごとに袋を裏返して湯せんで温めると、あったかパスタの出来上がり。食べた瞬間「バゲットがあるとちょうどいいかも?」と思う味付けでしたが、エネルギーを意識し、災害時やアウトドアでも満足感を得られるようにという理由から、しっかりとした味付けになっているとのことで、納得! また、肉のカットの仕方を工夫し、ミンチにするところから工場で作っているこだわりようで、ソースとよく絡んでおいしい。

おしゃれな器に移して食卓に並べれば、ディナー気分も味わえそうです。

サブスク購入もできる! 6月末までキャンペーン実施中


現在、「TABLE STOCK」公式サイトでは、グランドオープンキャンペーンを実施中。送料無料のサブスクサービスを利用し、期間中に注文すると追加で2食をプレゼントしてくれます。

【商品情報】
価格
◆単品…648円(税込)
◆4食セット…2,592円(税込)
◆サブスクリプション
・1~3カ月間隔 5,184円(税込・送料無料)※1種8食セット
・1~3カ月間隔 5,184円(税込・送料無料)※うどん2種8食セット
・1~3カ月間隔 5,184円(税込・送料無料)※パスタ2種8食セット

「TABLE STOCK」公式サイト
https://www.tablestock.net/

関連リンク

  • 5/26 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます