Snow Man目黒蓮「カンチョー動画削除」に誠実謝罪も…被害者・向井は「ドM要求」!?

拡大画像を見る

 5月24日、Snow Manの目黒蓮(24)が「Johnny‘s web」内のブログ『すの日常』を更新。その内容にファンから大きな反響が寄せられている。

 目黒はブログで、多くの人から心配の声があったこと、それを受けて猛反省したこと、自分が悪いと納得できることはすぐに謝る、とつづっている。

 さらに「大人げない俺をいつも応援してくれて、ありがとう」とファンに、そして「康二ありがとうな!」と、メンバーの向井康二(26)にも感謝を述べている。

「目黒がブログで言及したのは、5月24日放送の『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)の事前予告動画について。というのも、番組を告知する動画に目黒が向井に“カンチョー”をするシーンが映っていたんです。

 この予告動画が公開されると、視聴者や向井ファンから苦情が殺到したようで、動画は削除されてしまったんです。目黒は危険な行為をしてしまったこと、向井ファン、そして向井に対してブログで謝罪したのでしょう」(女性誌記者)

■向井は「裏でして~」とカンチョー懇願!?

 予告動画を見た人からは、「カンチョーは本当に危ないからやめてほしいんだよね。子どもが真似するかもしれないしさ」「スキンシップでは済ませられないことにもなりかねないってことわかってほしい」などと指摘する声が上がっていた。

「目黒はその指摘を真摯に受け止めて、今の心境をつづったんでしょうね。ただ、向井に対して目黒が“これからはやめるね”と伝えたら、向井は“裏でして~”と言ったといいます。目黒は“裏でもしない”と決意を固めたようですが、それでも向井は“して~っ”と懇願してきたとブログにつづっています。ここだけ見ると、向井が“ドM”にも思えてしまいますね(笑)。

 ただ、それは、向井の優しさから言ったことだとも目黒は理解しているようです。そして今回の反省を踏まえ、笑わせたいと思ってやっていた行動が、間違っていたことに気づかせてもらえた、“また最強に一歩近づけたぜ”と決意を新たにしています」(前出の女性誌記者)

 目黒のブログを読んだファンからは、「Snow Manって真面目でいい人たちだね。スルーすることもできる世の中で、ちゃんと向き合って言葉にするって並大抵のことではない」「ほんと目黒蓮って人間は素敵だし尊敬だね。『すの日常』に自分の言葉でちゃんと話してくれたのもさすがだったし、めめには幸せたくさんもらってるよって語ってあげたくなった」と称賛の声が多数寄せられている。

■加藤浩次も目黒の感受性を絶賛!

 前出の女性誌記者が続ける。

「今回の件もそうですが、目黒は細やかな気遣いができて、言葉にも力があるんですよね。目黒は2019年1月にラウール(17)、向井とともにSnow Manに加入しました。このとき、一部ではメンバー増員に批判的な声もあったんです。

 しかし、目黒はブログで、“俺たちのこといじめないで(笑)”とつづり、“とくに今後ラウールには優しくして!!”と、当時15歳で最年少だったラウールへの気遣いを見せたんです」

 そんな目黒は1月26日放送の『この差って何ですか?』(TBS系)に出演。番組では尾崎豊の『15の夜』を取り上げたが、目黒は同曲について、「昭和ポップスって手紙を読んでいるような感覚になるというか。昭和って言葉をすぐ伝えることが今よりできなかったんだろうなって考えると、歌詞の中に伝えたい気持ちが溢れ出ているような歌が多い」とコメント。

 これにMCの極楽とんぼ・加藤浩次(52)は、「目黒くん、君いい!」「非常にいいですね」と絶賛していた。

「ファンやメンバーの気持ちもそうですが、音楽に対しても歌詞の深さを理解しようとしたりと、目黒は繊細で感受性豊かな内面を持ち合わせているのではないでしょうか」(前同)

 メンバーやファンをしっかりと気遣う目黒の心配りも、Snow Man躍進の原動力の1つなのだろう。

関連リンク

  • 5/26 11:52
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます