きれいに見せたいっ!【自分磨き】で一番初めにどこに気を使うべき?

拡大画像を見る


自分をきれいに見せたいという気持ちは誰にでもある気持ちです。
それをかなえるには、ポイントを押さえてそこに気を使うべきです。逆にそこを押さえれば人からきれいに見えるということ。あなたもきれいをゲットしてください。


手は人からよく見える

人からよく見える体の部位をきれいにしておくと「この人きれいだな」という印象を与えることができます。
特に手は動きがあるので、頻繁に目が行く場所です。ハンドクリームで保湿をするとかなりイメージもよくなります。
余裕がある人は爪のケアもしっかりと。切るだけではなく、やすりで磨くと彼と手を握ったときも手触りがよくなります。


後ろ姿まで綺麗

後ろ姿は自分では見えない場所なので、つい油断してしまう場所です。後ろ姿を確認して外出するという人はなかなかいないのではないでしょうか。
肩にホコリがついていないか、スカートの裾は折れていないか、チェックすべきところはたくさんあります。後ろ姿まできれいを合言葉にがんばりましょう。


姿勢は大切

姿勢がいいと美人度三割増しに見えるのはただの都市伝説ではありません。事実なのです。
背中が丸まっている美人がいたら、逆に残念な気持ちになってしまいますよね。
人はその人の雰囲気でその人のイメージを作ります。姿勢を良くして、きれいな印象を残しましょう。


ヘアケアは印象を決める

姿勢とともに遠くから見て印象を決めるものといえば髪の毛です。面積が大きい上に顔のまわりにあるので、どうしても目が行きます。
ここがきれいだと、生活まできちんとしているように見えるので不思議です。ヘアケアには力を入れて損はなしですよ。


顔のつくりはあまり問題ない

ここまで読んでわかったと思いますが、きれいかどうかは顔の作りの問題ではありません。それよりイメージが大切です。きれいな雰囲気をまとって美人なお姉さんになりましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/26 12:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます