宝石販売店を1日で辞めた40代女性「知らない男性とデートして、ダイヤモンドを売りつけるのが仕事。非常階段から逃げました」

拡大画像を見る

依然として後を絶たないブラック企業。それでもコンプライアンスなどない時代を知る人からすれば「今はまだ良い方」と感じているに違いない。神奈川県の40代女性は「20年以上前の話ですが」と前置きした上で、宝石販売店を1日で辞めた過去を振り返る。

「当時は就職氷河期で、新卒は本当に仕事がなく、あっても怪しい求人ばかり。そんな中、都心の雑居ビルにある職場の事務社員として採用されました。初日に説明されたのは、まさかのデート商法。ランダムに男性に電話しまくり、会う約束を取り付けては『ダイヤモンドを売れ』という仕事でした」

今なら完全アウトだが、当時の女性も「これはヤバい」と思ったという。引き続きこの女性の投稿を紹介しながら、他の短期間で仕事を辞めた人たちの声も見ていこう。(文:鹿賀大資)

【早すぎ!? 仕事を即行で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

アポが取れるまで帰れない職場「今思えば反社組織だったかも」

女性の職場には、何人かの同性スタッフもいた。いわゆる若い女性スタッフにテレアポをさせ、そこから男性客と折衝を試みる仕組みだ。初日の説明で「アポが取れるまで帰さない」と言われたという。

「中には入っていませんが、テレアポをする部屋は鉄扉でした。しかも外から鍵がかかるタイプの。だからアポの実務に入る前に、一緒に説明を受けていた何人かで、非常階段から逃げました」

ちなみに給与は固定給なし、かつ完全歩合制だったそうで「今にして思えば反社組織だったかも」と書いている。

別の30代女性(千葉県)は、アパレル販売員を3か月で退職した。その理由について、「建前上は8時間労働だが、実質は13時間拘束だった」とブラック企業ぶりを打ち明ける。さらに、「常にお店に出ている物しか着られない」というアパレル店ならではのルールが女性を経済的に苦しめる。

「単価の高いお店だったため、1アイテムを買うのに社割を使っても1万円以上とか……。研修期間の3か月間は時給1000円でしたから。それにお店の商品の入れ替わりも激しかったので、きつかった」

とのことで、「入社3日にして早くも退職を決意した」と綴っている。

初対面のオッサンが偉そうに説教「逆ギレして文句を言ってやった」

京都府の40代女性は、携帯電話の付属品を製造する会社に就職したが、わずか半日で退職に至った。その時のエピソードについて、女性は「ガラケーの底にゴムを貼るパートだったけど、昼休みで帰った」と明かす。

「噂では『入れ替わりが激しい』と聞いていた。でもやっぱり風紀が悪い感じで、初対面のオッサンが偉そうに説教するから、逆ギレして文句を言ってやった。ろくに教えもしないくせして……。それに仕事中にガムを噛んでいるおばさんもいた」

女性は「こんな下品な職場もあるんだ」と呆れている。

ほかには、

「若い頃の話ですが、機械設計の会社を1週間で辞めたことがあります。家族経営の会社で、事務のおばさんまでも親戚。私だけが、どこかよそ者の感じで疎外感が半端なかったです。雨が降った日に、つい『辞めます!』と言ってしまい、それで辞めました。ちなみに、その会社は5年ほどでなくなっていますが」(60代男性/愛知県)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き早すぎ!? 仕事を即行で辞めたエピソード自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

関連リンク

  • 2/26 7:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます