京都の行列ラーメン店『麺屋 聖』に新店! 絶対食べたい注目ラーメン3選

拡大画像を見る

 ラーメン好きなら誰もが知っている行列が絶えない名店、麺屋優光グループのラーメン店『麺屋 聖(きよ)』。5月13日、滋賀県雄琴にフランチャイズ一号店『麺屋 聖~kiyo~雄琴店』がオープンし、開店前から多くのラーメンファンが列を作りました。

 強いコシと小麦の風味が特徴の自家製麺と、あさりやしじみ、牡蠣の旨味が効いた出汁に京都の醤油を加えたこだわりのスープ、口の中でとろけるほど柔らかい本格チャーシュー。

 日本中のラーメン好きを唸らせた本店『麺屋優光』の味が忠実に再現されており、一口すすると貝の旨味が口いっぱいに広がって、あまりの美味しさに思わず目を閉じてしまうほど。まさに至高のラーメンです。

『麺屋 聖~kiyo~雄琴店』のラーメンは3種類で、それぞれ異なる醤油が使われています。

貝汁醤油ラーメン「淡竹(はちく)」

 まだ麺屋優光グループのラーメンを食べたことがないのなら、最初はぜひ「淡竹(はちく)」を食べてみてください。貝の出汁と、京都の醤油をベースに数種類の醤油をブレンドしたあっさりとした味わいで、優光グループ一番人気のラーメンです。

 貝の旨味がしっかり効いたスープは、人目もはばからず器を持ち上げて最後の一滴までゴクゴク飲み干したくなるほど旨い!

正統派醤油ラーメン「真竹(まだけ)」

 優光グループのベースとなる醤油ラーメン。京都の伝統的な醤油に鰹と昆布と肉の旨味を閉じ込めた、どこか懐かしさを感じる味です。

濃厚な醤油ラーメン「黒竹(くろちく)」

 ガツンとしたラーメンが好みなら、しっかり味が濃い「黒竹」がおすすめ。醤油独特の辛さにフルーティーな爽やかさを加え、苦味、甘味、酸味をバランスよく兼ね揃えたラーメンです。

 毎日製麺しているコシの強い麺は、時間が経ってもコシがなくなることなく、最後の一本までもっちもち。さらに、チャーシューの上質で甘い脂がスープに溶け出し混ざることで、スープがどんどん旨くなるから驚きです!

 トッピングのめんまや煮卵も全て自家製と、こだわり抜いた渾身の一杯は、行列が絶えないのも納得の味。早くも2021年~2022年にかけて全国で数十店舗の展開を決定しているそうなので、もしかしたらあなたの町にも『麺屋聖(きよ)』がやってくるかも!?

●DATA

麺屋 聖~kiyo~雄琴店

住:滋賀県大津市雄琴5丁目222
TEL:077-579-8388
営:11:00~22:00、金土11:00~24:00(スープ、食材がなくなり次第終了)

関連リンク

  • 5/26 10:50
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます