「ボロボロの職場。トイレも和式でホコリだらけでした」仕事を即行で辞めた理由

拡大画像を見る

世の中には知られざる過酷な仕事が存在する。入社前から心の準備ができていればいいが、そうでなければ面食らうことになるだろう。兵庫県の50代女性(個人事業主/その他/年収500万円)は、コロナ関連給付金の支給事務を1か月半で辞めた。女性は、

「ボロボロの会館が職場。パイプ椅子に長机という急あつらえの環境だった。トイレも和式でホコリだらけ」

と劣悪な労働環境を明かした。今回は、キャリコネニュース読者から寄せられた「想定外に過酷すぎて早々に退職したエピソード」を紹介する。(文:大渕ともみ)

【早すぎ!? 仕事を即行で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

グミの検査の仕事「飴だらけの木製プレートの掃除が大変で次の日起き上がれないほど」

派遣社員の40代女性(福島県/その他/年収200万円)の前職は製造業で、「“グミの検査”という仕事内容だった」と語る。一風変わった仕事だが、

「グミを作る際に使う、飴だらけの木製プレートの掃除が大変で次の日起き上がれないほど。とてつもなく重労働でびっくりした」

と意外な苦労を打ち明ける。また職場の人間関係も問題ありで、「自分より3か月前に入社した先輩女性がとてもキツい人。質問すると嫌味を言われたり怒鳴られたりするので、怖くて最後は何も聞けなかった。常に気を張っていなければならなかった」とストレスフルな環境だったようだ。女性は4か月ほどで仕事を辞めたが、「明らかにストレスがなくなった」と喜んでいる。

空港の保安検査員「危険物を持ち込んでしまった旅客に八つ当たりされることも」

フリーランスの20代女性(東京都/その他/年収300万円)は、空港の保安検査員をしていたことがある。しかし不規則勤務と過重労働が原因で、ストレス性喘息及びうつ病を発症。半年で退職に至った。女性は、

「早番は早朝5時に出勤だが、最終便が20時過ぎ。これが遅れるとさらに時間がずれ込み、残業が当たり前だった。危険物を持ち込んでしまった旅客に八つ当たりされることも」

と過酷な勤務を振り返る。給与が良ければ救いはあっただろうが、「残業前提で基本給がかなり安く、離職率が高かった。毎月退職者が出て、人員補充が間に合わないこともしばしば」と告白。女性は、

「今思えば、色々と異常だったなと。現在はある程度規則が変わったが『保安検査員のブラック労働っぷりは変わっていない』と聞いた。航空関係の仕事が夢で入った世界だったので、また体調が戻れば空港勤務に戻りたい。でも保安検査員はもう二度としたくない」

と胸中を語っている。

※キャリコネニュースでは引き続き仕事を即行で辞めた人自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

関連リンク

  • 3/3 17:40
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます