水野美紀、特撮ドラマでの“ラスボス”姿が別人過ぎて「顔認証できません」

拡大画像を見る

車いす陸上のトップアスリートを目指す高校生の主人公・森宮大志(演:奥野壮)が、宇宙人にもたらされたパワーでスーパーヒーローに変身、仲間の作るサポートギアを駆使して侵略者から地球を守るという“車いすバトル・アクション”がコンセプトとなっている『超速パラヒーロー ガンディーン』。24日に水野美紀の出演が発表されたが、地球を襲うアラート星人・ラルーに扮して人々を恐怖に陥れるという。

この発表を受け、同日には早速ラルーに扮した姿を披露し「カッコいい」と称賛を集めていた水野のInstagramだが、翌日には「今日もセルフィーあげとこ」と記してラルーの顔面アップが投稿された。赤く逆立った髪やツノ、目には謎のマスクを施した姿はラスボスらしい恐ろしさが現れているが、驚くのはその繊細な装飾だ。映画『東京喰種』や『ミュージアム』など様々な作品で特殊メイクを担当してきた特殊メイクアーティスト・百武朋さんが手がけているというから納得である。

その姿にフォロワーは「カッコ良すぎ」「破壊力凄い」「もはや誰か分からん」などと大興奮したものの、当の水野はTwitterで「頭がこういう状態になると、どういう現象が起こるか分かりますか。顔認証できません」とツイートしており、大胆な変身もなかなか大変なようだ。

戦隊ものの“ラスボス”と言えば、今年3月に放送された『がんばれ!TEAM NACS』(WOWOWオリジナル)で女優の吉田羊が“女帝デロリアン”役を務めたことも記憶に新しい。水野の場合は全編宇宙語で日本語の台詞は一切ないというからそれもまた見どころであろう。これまでシリアスからコメディ、アクションと何でもこなしてきた水野美紀、最近では超個性的な人物を演じる“怪演”ぶりも人気を博しているが、今回の悪役もそれらを上回るキャラクターになりそうだ。

画像2、3枚目は『水野美紀公式インスタグラム 2021年5月25日付Instagram「今日もセルフィーあげとこ」、2021年5月24日付Instagram「新しい出演情報です!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

関連リンク

  • 5/26 9:47
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます