NTTドコモ「Xperia Ace II」「arrows Be4 Plus」 21年夏モデルの4Gスマホ

拡大画像を見る

NTTドコモは、2021年夏モデルの4G対応スマートフォン「Xperia Ace II SO-41B」(ソニー製)、「arrows Be4 Plus F-41B」(FCNT製)の2モデルを21年5月28日に発売する。

スマホ初心者でも安心なホーム画面

「Xperia Ace II」は、コンパクトながらフレームいっぱいに広がり画面が大きく見えるという約5.5型HD+(1496×720ドット)ディスプレーを搭載。文字やアイコンサイズが大きく見やすい「かんたんホーム」などを備える。

IPX5/8防水、IP6X防塵性能、傷が付きにくく高強度のCorning「Gorilla Glass 6」を採用する。

約1300万画素・広角と約200万画素・深度測位の2眼カメラを背面に装備し、背景ボケを生かした撮影が楽しめる。撮影シーンや環境を自動で判断し、人物や料理も美しく撮影できる「プレミアムおまかせオート」機能を搭載する。前面カメラは約800万画素。

独自の充電最適化技術と「いたわり充電」により3年間使用しても劣化しにくいという4500mAhバッテリーを内蔵する。

電源ボタンにはマスクを着けたままでもロック解除が可能な指紋認証センサーを装備。「おサイフケータイ」などの機能を備える。

OSは「Android 11」、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB、microSDXC(最大1TB)対応。

カラーはホワイト、ブルー、ブラックの3色。

「arrows Be4 Plus」は抗菌ボディを採用。次亜塩素酸水やアルコール除菌にも対応し、汚れても洗って清潔に保てる。画面割れに強い耐衝撃設計で、マスクをした相手の声が聞きやすい「マスク通話モード」などの機能を備える。

「シンプルモード」を実装するほか、無料で同封される「使い方ガイドブック」を活用すればスマートフォン初心者でも安心だという。

画面のロック解除からアプリを簡単に起動できる「FAST フィンガーランチャー」、店舗ごとに使えるポイントアプリから決済アプリへの切り替えが瞬時に行える「FAST ウォレット」など、キャッシュレス決済に役立つ便利機能を実装する。

約5.6型HD+(1480×720ドット)有機ELディスプレーを搭載。OSは「Android 11」、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB、microSDXC(最大1TB)対応。

約1310万画素・背面カメラ、約800万画素・前面カメラを装備。バッテリー容量は3600mAh。

カラーはレッド、ホワイト、ブラックの3色。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 5/26 7:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます