「今日のことはきっと忘れない」大人の色香漂う山下美月を唸らせた、最旬モダンフレンチとは?

今年1月「乃木坂46」の26枚目シングルセンターを任された山下美月さん。なぜ、彼女は注目を集めるのか?

今回はそれを探るのに相応しいレストランを用意した。名前は『unis(ユニ)』。

予約困難店『SUGALABO』の立ち上げから須賀洋介シェフの右腕として同店を支えた、薬師神 陸シェフの店だ。さて、どんな話が飛び出すか。



山下美月さんのインタビューを、今日と明日の2日に渡ってお届け!撮影当日の裏話も公開します。

【前編】
■山下美月さんも唸った『unis』の魅力
■WEBでしか読めない、東カレ編集部による“撮影当日の話”

※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。皆様の「行きたい店リスト」に加えていただければ幸いです。

撮影中、すっかり大人びた表情で一言。「この夏22歳になります。目指せ、余裕のある大人です(笑)」

日常から切り離された、ハレの日のレストラン


東京随一の予約困難店『SUGALABO』でシェフとして活躍した薬師神 陸さんが率いる『unis』。

アニバーサリーレストランであることを標榜し、2020年12月の開業以来、注目を集めている。

ディナーの開始時刻になると、奥の扉が開かれる。その先には、ウェイティングルームとは一転して華やかさに溢れたダイニングルームが


店内は、U字を描く大理石のカウンターが8席。中央にはオープンキッチンが広がり、スポットライトの下で薬師神シェフらが腕を振るう。

山下さんは「サプライズの連続。一気に世界観に引き込まれました」と興奮気味だった。

この店のシェフ・薬師神はこう語る。

「もともとフレンチレストランというものは、誕生日や結婚式など、記念日を彩る役目を担っていたように思います。

ただ、さまざまな形、価格帯のフレンチレストランが登場することで、本来の存在意義が少しずつ薄れてしまった気がして。

大切な、とっておきの日に訪れたい場所、という原点に立ち返り、日常から切り離された特別感を誠実に提供しようと考えたのです」

その言葉どおり、同店では看板のないエントランス、秘密めいたウェイティングルーム、舞台と思しき華やかなシェフズテーブル、美しい映像演出。そして確かな技術に裏付けられた素晴らしいフランス料理と、記念日を特別な日として記憶に残す演出がラストまで怒涛のように押し寄せる。

山下さんのイチ押し、ボタンエビと愛媛県産のせとかを使った温かい前菜


『unis』は空間演出にも注力する店。

シェフが食材探しの旅で訪れた土地の風景などをプロジェクションマッピングで投影し、料理を出すタイミングで照明を変化させ、音響にもこだわる。

華美すぎないそれらは料理に寄り添いながらゲストの五感を刺激し、ここでの食体験を記憶に残るものに。

ここでの食体験に、山下さんはどんな反応を示しただろうか?

山下さんが思わず顔をほころばせた、絶品メニューとは?


本誌のアテンドでそれを実際に体験した山下さんは、〝プラネタリウム〞の特別感を引き合いにして、次のように感想を述べた。

「プラネタリウムってドームに足を踏み入れたときから没入感に浸れるじゃないですか。このお店もそう。

エントランスからしてドラマティックだし、非日常的な空間で最後まで五感を揺さぶり続けてくれる。だから、今日のことは忘れないような気がするんです」

そう語る彼女の瞳は、取材開始前よりもずっとキラキラと輝いていた。

山下さんを唸らせた、絶品メニューはこちら


『unis』のスペシャリテのひとつが、ブーケをイメージして考案されたサラダ。

この日に盛り込まれた食材は軽く炙ったホッキ貝、旬のうるいや山椒の葉、たらの芽のフリット、アリッサムの花など。底には熱々のブロッコリーのピューレが忍ばされていて、温度帯や食感の対比を楽しめる。

「どこを食べるかで味わいの印象が変わるんですね」と山下さん。関心が尽きない様子だった。


中盤の一皿である魚料理に目の前でソースが注がれると、山下さんは目を輝かせた。

その正体は、ボタンエビの頭でとった出汁とパプリカのピューレの掛け合わせ。

「白身は甘鯛。紅茶の風味を纏わせて蒸し上げました」という説明に聞き入り、まずひと口。「とろりとした口あたりが絶妙♡」と一気に表情を崩した

メニューは毎月替わる全11品のおまかせコース(30,800円)のみ。


『unis』では、華やかな演出やサプライズが次々に施されても、その食体験は決して軽薄にならない。その理由は薬師神さんの料理のクオリティが高いからに他ならない。

辻調理師専門学校卒業後に僅か20歳で同校のフランス料理講師となり、さらには予約困難店『SUGALABO』でシェフを務めたという、豊かなキャリアが裏打ちしているのだろう。

【WEB限定】編集部は見た!山下美月さんの撮影当日ルポ


なんと本誌登場は3回目、「乃木坂46」の26枚目シングルでセンターを務めてからは初となる山下美月さん。シャンパンを持つ所作も、ぐっと大人に。

以前より多忙になったに違いないのに、肩の力が抜けて、これまでにない柔らかい雰囲気でした。理由を訊ねると「人に甘えられるようになったから」だとか。

センターになって変わったことといえば「前よりも睡眠時間が減ったので、生活リズムが乱れるくらい(笑)」とさらりと言い放つ。

40名超えのメンバーの中でエースとして活躍する、逞しさを感じました。


【後編】 5/27に公開!
■山下美月さん深堀インタビュー!
■東カレオリジナル動画も!

■プロフィール
山下美月 1999年生まれ。東京都出身。2016年、アイドルグループ「乃木坂46」の3期生オーディションに合格。20年1月に発売された1st写真集『忘れられない人』は累計発行部数19万部を突破し、5度目の重版が決定したばかり。

■衣装
ドレス 91,300円〈タダシ ショージ TEL:03-5413-3278〉、リング 379,500円、イヤリング 643,500円、ネックレス 253,000円〈すべてTASAKI TEL:0120-111-446〉、その他スタイリスト私物



東京カレンダー最新号では、山下美月さんのインタビュー全文をお読みいただけます。

東カレに語ってくれた、人気グループのセンターを務めるアイドルが、心細くなったときにする”ルーチン”とは?

アプリのダウンロードはこちらから。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/26 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます