生田絵梨花「地をはうような音色を出せるようにトレーニング」 レミゼで初のエポニーヌ役

拡大画像を見る

 女優・生田絵梨花(24)が25日、東京・帝国劇場で出演するミュージカル「レ・ミゼラブル」(25日~7月26日)の初日の開幕前に福井晶一(47)ら共演者と会見に臨んだ。

 過去に演じたピュアなコゼット役ではなく、今回は対照的なエポニーヌ役での出演。「発声は本当に変えました。今までずっと高い音域だったので、地をはうような音色を出せるようにトレーニングは重ねてきました」と明かし「不安はありましたけど、キャストの方々から『エポもいいね』と言っていただいて勇気をもらえた。今までの開幕はもうちょっと緊張でフワフワしていたけど、今年は地に足を踏みしめている感じ」と自信を見せた。コロナ禍での開幕に「今できることを一つ一つ集中して、お客さんの心を少しでもともせるように、受け取ってもらえるように頑張れたら」と力を込めた。

関連リンク

  • 5/26 4:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます