浴室が飲食可能なカフェに変身!2日間限定イベント「おふろde カフェ」


既存の「お風呂屋さん」の概念を取り払う温泉道場10周年のイベント「おふろ万博」の一環として、さいたま市の温浴施設「おふろcafe utatane」にて、5月28日(金)・29日(土)の2日間限定で、浴室で飲食提供をする「おふろde カフェ」が開催される。

浴室でスイーツとドリンクを楽しむ


同イベントは、男女浴室に設けたカフェテラス席で、家具や書籍やBGMのインテリアに囲まれてスイーツとドリンクを楽しめるというもの。

世界のおふろの楽しみ方を知っもらうきっかけに

日本の温浴施設では浴室と飲食スペースが明確に分かれていて、浴室では飲食禁止が一般的だが、ドイツやフィンランドなどヨーロッパの温浴大国では、浴室・浴槽内で飲食ができる施設が数多く存在する。滞在者は日常の喧騒から離れて、入浴と休憩のセットで時間をかけて繰り返し、深くリラックスした余暇を過ごすという。

今回の企画は、イベントを通じて世界のおふろの楽しみ方を知っもらうきっかけになればという思いから実施。浴室での飲食については、管轄保健所の衛生指導を受け実施する。

参加希望者は予約を忘れずに!

「おふろde カフェ」は、事前予約制。申込方法は、「おふろcafe utatane」ホームページ内の『お知らせ・イベント』ページから確認を。希望者多数の場合は抽選となる。

■おふろde カフェ
開催日:5月28日(金)、5月29日(土)
開催地:おふろcafe utatane(埼玉県さいたま市北区大成町4-179-3)
時間:(1)13:00〜14:00 (2)15:00〜16:00 (3)17:00〜18:00 各回定員2名
参加費:2,600円(税込) フリータイム入館料+カフェテラス1時間貸切+スイーツ、ドリンク付き

画像をもっと見る

  • 5/25 17:57
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます