蓮舫氏、米国の日本渡航中止勧告は五輪に影響ないとする政府に疑問「本当ですか?」

拡大画像を見る

 立憲民主党の蓮舫参議院議員が25日、ツイッターに新規投稿。米国が新型コロナウイルスの感染拡大を理由に日本への渡航中止を勧告したことを受け、加藤官房長官が同日の会見で「必要な場合の渡航まで禁止していない」と懸念される五輪への影響を否定したことについて疑問を呈した。

 蓮舫氏は「影響はない」と加藤氏の反応を指摘した上で、「本当ですか??何をもってですか??」と問うた。

 さらに、蓮舫氏は連続投稿。加藤官房長官が新たにワクチンの打ち手として、臨床検査技師と救命救急士を加えることを検討するとした報道を引用し、「菅総理が会見で堂々と公言されたワクチン接種1日100万人との目標は、試算を基に積み上げたのではなく、後からこうして辻褄合わせをするのはどうなのか」と指摘した。

 その上で、蓮舫氏は「ワクチン接種には協力します。が、あまりにも根拠なき計画は自治体、自衛隊、現場に負荷しか残しません」と苦言を呈した。

関連リンク

  • 5/25 22:30
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます