映画『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズのあらすじまとめ!公開順番やキャスト情報保存版!

拡大画像を見る

『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズは過激な描写が多く、賛否両論に分かれる作品。今回の記事では、映画『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズのあらすじをご紹介します。公開順番や出演キャストの情報と合わせてご覧ください。

映画『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズの概要

『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズは、人類と宇宙生物“バグズ”の戦争を描いたSFアクション映画。
1~3作目までは実写映画、4~5作目はフルCGアニメーション映画となっています。

記念すべき第1作目は、『トータル・リコール』や『氷の微笑』など、数々のヒット作を世に送り出したポール・バーホーベンが監督を務めました。

また、4作目のアニメーション映画からは、日本のアニメを手掛ける荒牧伸志が監督を務めています。

時系列はバラバラ?観る順番は?

『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズは、1~5と順番に物語が進んでいきます。

1作品から順に観ていくことで、リコが機動歩兵隊に入隊し、バグズと死闘を繰り返し、英雄になる姿を楽しむことができるのでおすすめです。

『スターシップ・トゥルーパーズ』(1998)

スターシップ・トゥルーパーズ

スターシップ・トゥルーパーズ

1997年/アメリカ/128分

作品情報 / レビューはこちら

キャスト情報

ジョニー・リコ/役:キャスパー・ヴァン・ディーン
ディジー・フローレンス(ディズ)/役:ディナ・メイヤー
カルメン・イバネス/役:デニース・リチャーズ ほか

あらすじ

民主主義崩壊後、連邦政府の支配下に置かれ軍事国家となった未来の地球。

人類は宇宙に進出したことで、“バグズ”と呼ばれる昆虫型エイリアンと戦争状態に陥っていました。

ブエノスアイレスの高校を卒業した青年・リコは、宇宙軍のパイロットを志願する恋人・カルメンに影響を受け、軍に入隊。

リコは最も過酷な機動歩兵に所属が決まると、激しい訓練を積み重ね、分隊長に任命されるのでした。
同じ部隊には、彼に密かに思いを寄せるディジーの姿もありました。

しかし、ある日、リコは訓練中に規則を無視し死者を出してしまいます。

自信を失くしたリコは除隊を決意しますが、バグズが地球各地を攻撃する中、故郷であるブエノスアイレスが壊滅したことを知ります。

それにより、除隊を踏みとどまったリコは、仲間達とともに戦いに向かうのでした。

『スターシップ・トゥルーパーズ2』(2004)

スターシップ・トゥルーパーズ2

スターシップ・トゥルーパーズ2

2003年/アメリカ/92分

作品情報 / レビューはこちら

キャスト情報

ダックス大尉/役:リチャード・バージ
シェパード将軍/役:エド・ローター
サハラ2等兵/役:コリン・ポーチ ほか

【参照URL】https://www.sonypictures.jp/he/751784

あらすじ

地球連邦軍とバグズの戦争が激化する中、シェパード将軍率いる地球連邦軍中隊は、バグズの群れが住む惑星に降り立ち、激しい交戦を続けていました。

しかし、彼らは敵の猛攻に遭い、退却せざるを得ない状況に陥ります。

そこで、シェパード将軍は自ら囮となり、数名の兵士と戦い続ける中、小隊を前線基地へと逃がすのでした。

基地に着いた小隊が中を歩いていると、焼却炉の中に閉じ込められている1人の男を発見。

その男は、上官の大佐を殺害した罪で監禁されていた、かつての英雄“ダックス大尉”でした。

するとそこへ、大量のバグズが襲撃し、危機に陥った小隊はダックス大尉を解放すると、味方として戦いに参加するのでした。

『スターシップ・トゥルーパーズ3』(2008)

スターシップ・トゥルーパーズ3

スターシップ・トゥルーパーズ3

2008年/アメリカ/105分

作品情報 / レビューはこちら

キャスト情報

ジョニー・リコ/役:キャスパー・ヴァン・ディーン
ローラ・ベック/役:ジョリーン・ブラロック
ディックス・ハウザー/役:ボリス・コドジョー ほか
 

あらすじ

さらに激化する地球連邦軍とバグズの戦争は、一進一退を繰り返し泥沼化。

大佐へと昇進したリコは、“ロク・サン”という基地惑星を死守していました。

そこへ、軍部の総司令官・アノーキが視察へやってきます。
そこには、リコの部下であったディックスと、その恋人・ローラの姿もありました。

ある日、リコはディックスとトラブルになり、命令違反だと逮捕されてしまいます。

するとそこへ、新種のバグズ・アラクニドの群れが基地のバリアを破り、侵攻してきます。
リコとディックスは何とか生き延びましたが、ロク・サンは壊滅状態に。

一方、ローラの戦艦で脱出したアノーキ達は、ある惑星に不時着してしまうのでした。

『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』(2012)

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン

2012年/日本 アメリカ/89分

作品情報 / レビューはこちら

キャスト情報

ジョニー・リコ将軍/吹き替え:黒田祟矢
カルメン・イバネス艦長/吹き替え:小林沙苗
カール・ジェンキンス大臣/吹き替え:家中宏 ほか

※日本語版吹き替えキャスト

あらすじ

ある日、バグズ達に地球連邦軍の“フォート・ケイシー”という要塞が襲撃されます。

地球連邦軍は敵を殲滅して生存者を救出するため、強襲艦アレジア号を派遣。
しかし、要塞内は大量のバグズに支配されており、救出は困難な状況でした。

さらに、要塞で研究実験をしていたジェンキンス大臣が、イバネス艦長から戦艦を奪うと要塞から脱出してしまうのでした。

取り残された機動歩兵隊はバグズと戦いながら、要塞を守備する機動歩兵隊と合流し、アレジア号へ避難すると、仕掛けた爆弾で要塞ごと爆破。

その後、地球への帰路についたアレジア号に、リコ将軍から緊急通信が入ります。
なんと、脱出に成功したはずのジェンキンス大臣を乗せた戦艦が消息不明となっていたのです。

そして、アレジア号の兵士たちは、ジェンキンス大臣を乗せた戦艦を捜索することになるのでした。

『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』(2018)

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

2017年/アメリカ/100分

作品情報 / レビューはこちら

キャスト情報

ジョニー・リコ/吹き替え:小山力也
ディジー/吹き替え:上坂すみれ
カール・ジェンキンス/吹き替え:小野賢章 ほか

※日本語版吹き替えキャスト

あらすじ

宇宙に進出した人類は長期に渡り、バグズとの戦争を続けてきました。

バグズと戦ってきたかつての英雄・リコは、バグズの地球侵入を阻止することができず、地球の植民惑星・火星にいました。

そこでリコは、“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ兵士の訓練に当たることに。

そんなある日、戦争とは無縁の火星に突如バグズが現れます。
リコは火星を救うため、小隊を率いてバグズとの戦いを繰り広げることに。

しかし、リコは小隊を庇ったことで、火星に閉じ込められてしまいます。
絶望的な状況に置かれたリコの前に、死んだはずのディジーが現れるのでした。

『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズの主要キャスト一覧

ジョニー・リコ/役:キャスパー・ヴァン・ディーン
ディジー・フローレンス/役:ディナ・メイヤー

ジョニー・リコ/役:キャスパー・ヴァン・ディーン

LOS ANGELES, CA - SEPTEMBER 28: Actor Casper Van Dien attends the "Yes on Prop 2" benefit at a private residence on September 28, 2008 in Los Angeles, California. (Photo by Jason LaVeris/FilmMagic)

高校卒業後、軍に入隊し機動歩兵隊となった主人公。

物語を追うごとに、機動歩兵隊として成長していく姿が、見どころとなっています。
しかし、4作目でバグズに地球侵入を許してしまい、5作目では火星に左遷されてしまいました。

リコは再び、英雄に戻れるのか乞うご期待です!

ディジー・フローレンス/役:ディナ・メイヤー

Dina Meyer attends the Monster Mania Convention at NJ Crowne Plaza Hotel on March 12, 2011 in Cherry Hill, New Jersey.

リコと同じ部隊に入り、リコに密かに思いを寄せていた人物。

物語が進む中で、リコと惹かれ合い恋人同士になりますが、戦闘中に亡くなってしまいます。

しかし、5作目では死んだはずのディジーが登場!
突如現れた理由にぜひご注目ください。

実写・アニメがどちらも人気の『スターシップ・トゥルーパーズ』をぜひ!

本作は、ただ人類と宇宙生物が闘うだけのSFアクション映画だと思われがちですが、実は反戦メッセージを読み取れるような深い物語になっています。

また、物語を追うごとに新種が登場する、宇宙生物“バグズ”にもご注目!
バグズは昆虫型となっており、見た目がとても気持ち悪いので、虫嫌いの方は要注意してくださいね。

実写映画とアニメーション映画にはそれぞれの良さがあるので、ぜひ両方ご鑑賞ください!

関連リンク

  • 5/24 21:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます