フリック氏、ドイツ代表の新監督就任が正式発表! EURO2020終了後〜24年夏までの契約

拡大画像を見る

 今夏にバイエルンの監督を退任するハンジ・フリック氏は、ドイツ代表の新監督に就任することが決定した。25日、ドイツサッカー連盟(DFB)が公式サイトで発表した。

 DFBは3月9日、ヨアヒム・レーヴ現監督について、6月11日から7月11日にかけて行われるEURO2020の終了後に退任することを発表していた。フリック監督はレーヴ監督の後任として、EURO2020終了後から、2024夏にドイツで開催されるEURO2024までチームを率いることになる。

 現在56歳のフリック監督は、2006年夏から2014年夏にかけてドイツ代表でレーヴ監督のアシスタントコーチを務め、2014年のFIFAワールドカップ ブラジル優勝などに貢献した。その後はドイツ代表やホッフェンハイムの強化部を経て、2019-20シーズンの途中からバイエルンの監督に就任した。

 バイエルンの1年目は途中就任ながらチームを立て直し、ブンデスリーガ、DFBポカール、チャンピオンズリーグ(CL)の3冠を達成。また、今季のDFLスーパーカップ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップも制し、史上2クラブ目となる年間6冠を成し遂げた。

 2020-21シーズンはブンデスリーガを制して前人未到の9連覇を成し遂げたが、CLとDFB杯からは敗退し、1冠に終わっていた。バイエルンとフリック監督は4月27日に、当初2023年6月30日までだった契約を2021年6月30日に解除することで合意していた。

 なお、バイエルンは来季から、現在ライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督が5年契約で新指揮官に就任する。

関連リンク

  • 5/25 18:33
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます