壇蜜 アミメニシキヘビ騒動解決に安堵「どこにも行かずに震えてらして」

拡大画像を見る

 タレントの壇蜜(40)が25日、都内で行われた日露共同合作映画「ハチとパルマの物語」(28日公開)の東京プレミアに出席。17日間の逃走劇の末に22日に発見されたアミメニシキヘビ騒動について語った。

 ペットとしてヘビを飼うなど「動物の世話をさせていただくのが大好き」という壇蜜は「アミメさんの時は本当に心配しました。本当に良かったですよ」と安堵の表情。大捜索の末に天井裏で発見されたヘビについて「どこにも行かずに天井裏で震えてらして…」と気遣っていた。

 二年間も空港で飼い主を待ち続けていた秋田犬パルマの物語で、壇蜜は秋田犬の里館長役で出演。「ワンちゃんは健気でずっと待っているし、申し訳ないくらい頑張り屋さん」と愛を語りつつ、本作を「基本泣かせに来ています。相手は本気です」とアピールしていた。

関連リンク

  • 5/25 17:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます