吉岡里帆のFカップバストに異変!?「ぷにぷにボディ」を脱却し始めた“狙い”

拡大画像を見る

 女優の吉岡里帆が、5月21日発売のファッション誌「SPRiNG」7月号の表紙に登場。胸元を大胆に見せつけファンを歓喜させている。

 同号では“─マイナス3kgで叶える!おしゃれなカラダ”を特集。カバーガールの吉岡は、たわわなバストと引き締まったウエスト&背中を大胆にアピール。メリハリのきいた色白ボディに、ネット上では「吉岡里帆、またバストをアピールしてる! あいかわらず大きいなあ」「もうこの胸だけでお腹いっぱいになるわ。柔らかくて揉み心地よさそう」「いよいよ女性ファッション誌でも魅力のバストアピールしてきたね。女性ファンも取り込んでいきたいんだろうな」「彼女に頼んで雑誌を買ってきて貰った。マジでこれヌケます!」といった興奮の声や、一方で「以前よりもカラダが引き締まってるね。そのせいか若干胸が小さくなった気がするけど、これはこれで十分アリ」といった指摘も上がっている。

「吉岡は他の女性ファッション誌でも美ボディを披露するようになりましたが、コロナ禍で運動不足になりがちな中、かなり身体が引き締まっているともっぱら。以前よりもプニプニ感はなくなりましたが、逆にこれで女性ウケを狙っているのかも知れませんね。推定Fカップは、若干しぼんでしまったように見えますが、それでも男性ファンも喜ばせ続けるには十分魅力的なカラダですよ」(グラビア誌ライター)

 同性からはその“あざとさ”から、いまいちウケがよくなかった吉岡。理想的なメリハリボディで、男女双方の人気を得ることができるか。

(ケン高田)

関連リンク

  • 5/25 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます