宮根誠司 五輪無観客開催に疑問「東京でやる意味ない 米国でも一緒」ミヤネ屋で

拡大画像を見る

 フリーアナウンサーの宮根誠司が25日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演。開催まで2カ月に迫った東京オリンピック・パラリンピックについて出演者と議論した。

 新型コロナウイルスの影響で無観客開催の案も浮上しているが、宮根は「無観客だったら東京でやる意味がない。アメリカでやっても一緒」と主張。自身は過去に取材で五輪を生で体験した経験を踏まえ「実際に見て、こんなに早いんだ、こんなにすごいんだというのを体感しないと。お客様ありきで見てほしい」と訴えた。

 その上で「アスリートの人には頑張ってもらいたいけど、日本人みんなが我慢しているのに、オリンピックだけやる状況って、日本人はどう思うのか」とあくまで開催するなら有観客で、という意見を述べた。

 一方、コメンテーターで出演したモデルのRIKACOは「家で見て盛り上げるというのも新しいやり方」と無観客での五輪開催を後押し。「新しいやり方を考えなきゃいけない。無観客だからダメというのではなく、考えなきゃいけないのは、感染をどれだけ抑えられるか、オリンピックはどれだけ盛り上げられるかということを新しい未来に向かって考えていった方がいい」と語った。

関連リンク

  • 5/25 17:25
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます