「いやまだ”女子”だから…!」思わず頷く”アラサーあるある”4選

20代後半、アラサーになってわかる”あるある”を4つ紹介します。
アラサーの皆さんは、きっと共感できるはず!

年齢や結婚のことなんて全く気にしなかった20代前半が懐かしいです...。

(1)友達の結婚ラッシュ



アラサーになって独身だと、出産のこともあって結婚に焦り出しますよね。
友達の結婚ラッシュに悲壮感を漂わせてしまったり…!
結婚する雰囲気が全くなかった友達のSNSでの「結婚しました」にびっくりすることも。
いつの間にか結婚・出産をしていた友達には、驚きを隠せません。

結婚式が重なる6月や10月には、ご祝儀貧乏になることも。


(2)ファッションが落ち着く



20代の頃は履けたミニスカートも、アラサーになると履けなくなりますよね。
アラサーになると、体のシルエットも変化して昔の服がしっくりこなくなってきます。

仕事や子育てが忙しくなると、ファッションにかける時間も少なくなりますよね。
流行を追わなくなって、自分に似合うファッションを模索し始めます。


(3)若くみられると嬉しい



実際より若くみられると、跳び上がって喜びたくなります。
年齢なんて全く気にしなかった、学生時代が恋しい…。

お世辞でも若くみられると、ついついご飯を奢ってしまいます。
若く見えるよう、裏では食生活改善や運動に頑張らなきゃと思い始めたらアラサー女子かも?!

(4)胃もたれを感じるように



脂っこいものを沢山食べられなくなってきます。
ちょっと前まではカルビ、生クリームもりもりのパンケーキは余裕でした...。

裏を返せば、ちょっとの量で満足ができるようになりますね。
食べ放題よりも、質の良い食べものを少しという風に変わっていきます!


今回はアラサーあるあるを4つ紹介しました。
考え方が落ち着いてきて、結婚に焦りを感じてくるアラサーです。

20代前半に比べて、体力の衰えも感じます...。
アラサーの大人な魅力を高めるために、自分らしさを大事にしていきましょう!

(liBae編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/25 5:35
  • liBae

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます