坂上忍 小室さんの「一発逆転」は「やっぱり生声だろうね」

拡大画像を見る

 俳優の坂上忍が25日、フジテレビ系「バイキングMORE」で、米フォーダム大ロースクールを卒業した小室圭さんについて、国民が祝福ムードとなる「近道」は「やっぱり生声だろうね」との考えを示した。

 番組では、小室さんのロースクール卒業で今後の見通しなどを議論。小室さんは7月にニューヨーク州の司法試験を受験するものと思われるが、より注目されるのが秋篠宮眞子さまとの結婚の行方。実母と元婚約者との金銭問題などもあり、小室さんは文書を発表。その後解決金を支払う意向などを示しているが、その後の動きは報じられていない。

 坂上は、眞子さまと小室さんの婚約内定会見を挙げ「ああいういいニュースの時はマスコミの前でお披露目させていただくことをするなら、都合が悪い時も説明するのが筋だという声がある」と言うと、すかさずヒロミが「それはお前が…」とツッコミ。坂上は笑いながらも「ぼくはそっち派」といいことも悪いことも説明すべきと訴えた。

 さらに坂上は「ここからの一発逆転じゃないけど、手っ取り早いという言い方は適当じゃないかもしれないけど、近道はやっぱり生声だろうね」と、小室さんに吹いている逆風を変えるには自らの声での説明が近道との考えを示すと、伊藤利尋アナも「帰国と説明はセットという空気は感じますけど」と添えていた。

関連リンク

  • 5/25 14:45
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます