森保まどかHKT48劇場ラスト公演“黒縁メガネ”姿に「見納めか…」の声 卒業控える宮脇咲良は「もりぽ大好き」

拡大画像を見る

森保まどかは同期の松岡菜摘とともに“なつまど”と呼ばれ、HKT48発の7人組モデル系ユニット・Chou(シュー)で中心メンバーとなるほどルックスに定評がある。熊本城ホールで4月3日に行われた『~くまフェス10th anniversary~ くまフェス×@JAM』での森保のステージショットをHKT48公式インスタグラムで公開したところ、「まどかちゃん 美しいです」、「良いステージだったみたいですね 世界一の笑顔が物語っています」、「#まどかちゃんの笑顔は世界を救う」と反響があったものだ。

このたびの『HKT48チームKIV「制服の芽」森保まどか卒業公演』でメンバーが『合格Kiss』を披露する際に、定番の制服と黒縁メガネという衣装で登場した。HKT48公式Twitterが黒縁メガネをかけた森保まどかの姿を投稿したところ、フォロワーから「超絶可愛いまーちゃん、大好きです!」、「現場で見たかった」、「この綺麗な姿も見納めか…美し過ぎる…」などの声が寄せられた。

そんな森保まどかは、劇場公演を終えてTwitterで「14歳の頃から1番身近に感じてきた」というステージにお別れして「出会いも別れもサプライズも、先輩の背中も、同期の活躍も、後輩の成長も…全部ここで経験しました。これからも大切な場所です。全ての皆さんへありがとう!」とツイートしている。

また森保の卒業公演で最後に1期生の現役メンバーたちと『遠くにいても』をパフォーマンスした宮脇咲良は、Twitterで「もりぽ大好き」とつぶやいた。これにはファンから「出てきた時にすでに泣いててまどかのこと好きな気持ち伝わったよ 咲良大好き」、「さくちゃんもお疲れ様です めちゃ泣いた ホント1期生最強で最高です」、「まどちゃんの卒業を実感してしまいました。土曜日の卒コンは私ももらい泣きしてしまいそう。さくちゃんの卒コンは号泣しそうです。まどちゃんもさくちゃんも幸せになってほしいな」といった声が届いている。

宮脇咲良が5月15日にHKT48劇場で開催されたイベントで卒業を発表した時には、手紙でメッセージを届けた指原莉乃が配信で見守りながら、宮脇の隣に森保が立っているツーショット画像を投稿して注目を集めた。ファンはこのたびの宮脇のツイートからそんな2人の絆を感じたのだろう。森保まどかは5月29日に北九州ソレイユホールで行われる卒業コンサート、宮脇咲良は6月19日にマリンメッセ福岡で開催される卒業コンサートをもってHKT48での活動を終える予定だ。

画像は『HKT48 2021年4月3日付Instagram「くまフェス × @ JAM」』『HKT48 2021年5月23日付Twitter「HKT48劇場チームKIV「制服の芽」森保まどか 卒業公演 ♪合格Kiss」「HKT48劇場チームKIV「制服の芽」森保まどか 卒業公演 ありがとうございました」』『森保まどか 2021年5月23日付Twitter「14歳の頃からお世話になり、1番身近に感じてきたステージとお別れしてきました。」』『宮脇 咲良 2021年5月23日付Twitter「もりぽ大好き」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 5/25 11:02
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます