マリトッツォの次はこれ!? 川崎『ナポリの下町食堂』に登場した注目イタリアンスイーツって何?

 イタリア・ナポリの伝統菓子「アラゴスタ」をご存知でしょうか? それは、薄く伸ばして巻いたパイ生地の中に、シュー生地とカスタードクリームを詰めて焼き上げたスイーツ。これが今、「バリバリッとした生地の食感、とろとろのカスタードクリームの風味がたまらない!」と注目を集めているんです。

 5月13日にオープンするイタリアンレストラン『ナポリの下町食堂 川崎店』では、この「アラゴスタ」が限定メニューとして登場しているそうです。

 アラゴスタという名前は、薄く伸ばして巻いたパイ生地の中にシュー生地を詰めて焼き上げると、まるで伊勢海老のしっぽのような形になることが由来。イタリア語で伊勢海老を意味する「コーダ ディ アラゴスタ」と名付けられたといわれています。

 そんな大きな伊勢海老のしっぽのようなアラゴスタは、端から食べるもよし、二つに割って溢れ出すクリームを楽しみながら食べるもよし。バリバリ、とろとろの新食感を思う存分、楽しんでみてください。

 14時から18時までのカフェタイムでは、好きなデザートとドリンクが800円で楽しめるお得なセットも用意されています。甘~いアラゴスタは、コーヒーとの相性も抜群! ぜひ、贅沢なコーヒーブレイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

●DATA

ナポリの下町食堂 川崎店

https://www.giraud.co.jp/napoli/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/25 10:51
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます