猿之助が久々の極悪演技 内村光良思わず「今日は日曜日ではありません!」

拡大画像を見る

 歌舞伎俳優の市川猿之助が24日、フジテレビ系「痛快TV スカッとジャパン」の再現ドラマに初登場。昨年話題を呼んだTBS系ドラマ「半沢直樹」をほうふつさせる極悪上司の熱演ぶりに、MCの内村光良も「今日は日曜日ではございません!」と忠告し、スタジオを爆笑させた。

 今回の「スカッとジャパン」では、超理不尽な極悪上司が部下にパワハラをしまくる物語が放送された。

 もちろん極悪上司は猿之助。部下に対し、指示したことをすぐに覆すことから、部下も大混乱。しまいには部下へ「土下座でもしてもらわないとね!土下座だ、土・下・座!」と土下座を強要、書類をビリビリに破り捨てるなど、その雰囲気は昨年人気を博した「半沢直樹」の伊佐山部長そのまんま。

 最後は土佐兄弟が演じる部下に、してやられてしまう姿も伊佐山を思い起こさせる。

 これにドラマが終わった瞬間にMCの内村が思わず「まずみなさん。今日は日曜日ではございません」と視聴者に呼びかけ。これに爆笑した猿之助も「やっぱりやっているうちに思い出して、興奮してきてね。もうそれにしか思えなくて」と半沢を思い出しながらの演技だったと告白。

 内村も「あれは日曜劇場の芝居ですよ」と絶賛していた。

 ネットでも久々の猿之助の極悪演技に「完全に半沢直樹見てる気分だった笑」「スカッとジャパンの猿之助ほぼ半沢直樹」「CXなのに半沢直樹の伊佐山になってる」「半沢直樹並のイヤミ上司の演技見て爆笑してます」「めっちゃスカッとした」など懐かしがる声も上がっていた。

関連リンク

  • 5/25 10:15
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます