恋愛相談してきた女性を元気づける一言9パターン

女性からの恋愛相談において、元気づけるつもりで言った一言によって、逆に相手を傷つけてしまったこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「恋愛相談してきた女性を元気づける一言」をご紹介します。

【1】「時間が解決してくれるよ」と無理に解決しようとしない。
「テンパってるときは、自分以外の人の落ち着いた視点がありがたい」(20代女性)というように、女性に落ち着きを取り戻させることのできる一言だといえそうです。ただし、きちんと話を聞いてからでないと「アドバイスをする気がない」とも思われかねないので気を付けましょう。

【2】「考えすぎはよくないよ。ポジティブにいこう!」と前向きにさせる。
「クヨクヨしてるときに言われたら、少し明るくなれるかも」(20代女性)など、暗い気持ちの女性に効果のある一言だといえそうです。ただし、物事を理論的に考える女性だと「簡単に言わないでよ」と逆ギレされる恐れがあるので、注意が必要です。

【3】「いまのままの君で大丈夫」と安心させる。
「落ち込んでいるときは自分を認めてほしい!」(20代女性)というご意見も多いので、女性の欲求を満たす一言だといえそうです。悩み事を一通り聞き終えた後で言ってあげるといいでしょう。ただし、この一言では解決につながらない場合もあるので、無意味に連発するのは避けましょう。

【4】「僕も同じようなことがあったな」と共感する。
「共感してくれると、それだけで救われた気持ち」(20代女性)というように、共感は女性に好まれるようです。「悩んでいるのは自分だけじゃない」と思えれば、それだけで少し元気になれるもの。ただし、自分の体験談を話すのに夢中になると、女性の相談を十分に聞いてあげられないので気を付けましょう。

【5】「応援するから頑張って」と励ます。
「励まされたら『もう少し頑張らなきゃ』って強くなれる気がする」(20代女性)というように、女性を奮い立たすことができる一言のようです。ただし、すでに頑張りすぎてヘトヘトな女性に対して言うと、さらに無理をさせることになってしまいます。相手の状態を見極めて、まだパワーが残っていそうな女性に言ってあげましょう。

【6】「もっと自信をもっていいと思うよ」と褒める。
「弱ってるときは褒められたい(笑)」(20代女性)と、女性の本音がチラリ。即効性のある一言だといえそうです。彼氏から自信をなくすようなことを言われて落ち込んでいる女性に言ってあげると、きっと元気を取り戻すでしょう。

【7】「今度気晴らしに行こうよ」とデートに誘う。
「異性の友達に相談するとき、ちょっとは期待してるかも」(20代女性)というご意見もあるように、異性に優しくされたいという思いから、男友達に恋愛相談を持ちかける女性もいるようです。下心を疑われないように、明るく誘うといいでしょう。

【8】「君は全然悪くないよ」と慰める。
「これが言ってほしかった!(笑)」(20代女性)というご意見多数。誰かに肯定してもらいたい一心で恋愛相談をする女性は多いようです。彼氏や意中の相手とケンカをした女性に言ってあげると、喜ばれるでしょう。

【9】「相談ならいつでも乗るからさ」と自分の存在をアピールする。
「悩み事の半分は、聞いてもらった段階で解決。そういう意味では一番うれしいかも」(20代女性)など、この一言に救われる女性も多いよう。恋愛相談の終盤に使える一言なので、覚えておくといいでしょう。

ほかにも「こんな一言で元気になった」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/25 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます