バナナマン日村勇紀の高級志向がすごすぎる! 全身ルイ・ヴィトンで決めた理由

拡大画像を見る

 バナナマンは国民的お笑いコンビになった。設楽統がフジテレビ朝の情報番組「ノンストップ!」の総合MCに就任して10年。NHK総合の博多華丸・大吉、日本テレビの極楽とんぼ・加藤浩次、TBSの麒麟・川島明という朝の芸人司会枠の中でも、抜群の安定感を誇っている。

 朝から深夜までのあらゆる時間帯に順応し、ネット番組、深夜ラジオのレギュラーも順調なオールラウンドプレイヤー。同じく好感度コンビのサンドウィッチマンとのトークバラエティ「バナナサンド」(TBS系)が4月からゴールデンタイムに昇格し、ともにコンビのレギュラー番組が途絶えない。

 年収も爆上がりで、設楽は一軒家を購入。フリーアナウンサーの妻・神田愛花と結婚した日村勇紀は、超がつくほどのブランド主義だ。

「もうこの10年ほど、日村さんの全身はルイ・ヴィトン。若いころはまったく食えなくて、泥水をすするような生活をしていたからこそ、売れてからの跳ね上がりがエグい。そこには美学があって、売れている芸人が一流ブランドを身にまとうことによって、極貧芸人がああなりたいと夢を見られるからだそうです」(週刊誌記者)

 Tシャツ、ジャケット、アウターにベルト、靴、財布、リュックにキーケースほか、すべてがヴィトン。入店すると、3人の販売員にベタ付きされるという。

“ブランド好き日村”誕生のきっかけは、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「買うシリーズ。」。石橋貴明と木梨憲武が突然、有名芸人の楽屋などを襲撃して、車に拉致。何も告げずに高級ブティックや外車ショールームへ連行して、その場で高級品を購入させる連続企画だ。回を重ねるごとにスケールアップしていき、日村は番組史上最高額(当時)となるおよそ1600万円の黒のポルシェ・カレラまで買っている。

「ポルシェに到達するには、布石がありました。シリーズ初期の11年1月には、ハワイでいきなり114万円のロレックス・デイトナ(腕時計)を購入。これで、口説けば落ちることがわかってしまったので、翌2月に114万円のダンヒルのスーツを買わされました。その後もダンヒルのスーツやシャツ、ネクタイやサングラス、15年には再び高級腕時計のジャガールクルトに150万も払っています」(前出・週刊誌記者)

 11年には、“総工費”およそ500万円をかけて歯を矯正。若手時代、ズボラな性格によって虫歯を放置していると、奥歯が5本も抜け落ちた。さらに前歯も抜けたことによって、上の歯を10本、下の歯を5本もインプラントにした。

 年収およそ2億円とウワサされる日村。お金の使い方はもう大物芸人そのものと言ってよさそうだ。

(北村ともこ)

関連リンク

  • 5/25 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます