観葉植物として育てたあと山に返す…新しいカタチの観葉植物「MODRINAE」が素敵! 土砂災害防止の手助けにもなります

拡大画像を見る

おうち時間が増えたことで、ここ最近、観葉植物の人気がどんどん高まっていますよね。

ご紹介する「MODRINAE」は、従来とは一味ちがう観葉植物

ずっと家に置いておくのではなく、2年育てたら植林のため山へ帰すというスタイルで、山づくりにひと役買えるようなんです……!

【期間限定で楽しむ観葉植物】

2021年5月15日にクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」でプロジェクトを開始した「MODRINAE」。

約730日間かけて国産広葉樹の苗を育てて、時が来たら、プロジェクト実行者である「ソマノベース」に託して植林してもらいます。

また育ててくれたお返しとして、同じ森で育った木材の商品を戻してくれるそう。

観葉植物は素敵だけれど、大きくなりすぎて置き場に困ることもあるので、「山に返す」という発想は魅力的~!

【簡単に育てられるらしい!】

ひょっとしたら、「家で木を育てるのは大変そう……」と思う人もいるかもしれませんが、意外と簡単なのだそう。

プロジェクトを支援すると、どんぐり・土・内鉢・外鉢が届くので、まずは内鉢に土を入れて、外鉢に差し込みます。

あとは土の上にどんぐりを置いて、直接陽の当たらない場所へ置けばOK!

1日1回水を上げるだけで、すくすく育つそうですよ~。

苗木は観葉植物サイズでとても可愛く、ヒノキで作られた外鉢もオシャレ♪ インテリアとして存在感を発揮してくれそうです。

【土砂崩れ防止にもなる!】

「MODRINAE」を生み出した「ソマノベース」は、土砂災害で亡くなる人を減らすために、森林保全・環境改善の観点から林業に関わっています。

木の生産の循環が難しくなり、管理されない山が増えると、土砂崩れのリスクが高まってしまう……。

それならば、「どこでも誰でもできる苗の生産」の仕組みを作ればいいじゃない!

「MODRINAE」が誕生した背景には、そうした思いがあるようです。

【ロマンを感じる取り組みです】

自分が育てた木がどこかの山で育つ……そう考えると、ロマンがありますよねぇ。

「MODRINAE」をゲットできる支援コースは1万円からで、6月27日まで支援募集中。クラウドファウンディングは目標金額に関わらずリターンがもらえるAll-In方式を採用しています。

木を育てる経験なんてなかなかできないですし、興味のある人はぜひ☆

参照元:CAMPFIRE、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 5/25 6:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます