アインシュタイン河井 極貧子供時代にビックリマンチョコ食べ放題の時期が?

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・アインシュタインの河井ゆずるが25日、TBS系「ラヴィット!」で、子ども時代のビックリマンチョコにまつわるエピソードを紹介し、スタジオを爆笑させた。

 この日は5月25日で「子どもニコニコの日」と番組では紹介。それにちなみ、出演者の子供時代のエピソードを聞いた。

 その中でアインシュタインの河井は「母子家庭で貧乏やったんですけど」と切り出すと「ビックリマンチョコがすごい流行った時期があって。金持ちの友達が『河井がかわいそうだ』ということで、シールだけ集めてチョコレートだけぼくにくれた」という。

 そのため「ビックリマンチョコが食べ放題、無償の時期がありました」というと、スタジオも爆笑に包まれていた。

 河井はさまざまなメディアで子供時代の極貧エピソードを紹介。雑居ビルの屋上の掃除道具小屋に住んでいたこともある。

関連リンク

  • 5/25 9:23
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます