松本人志『クレイジージャーニー』ヤラセ払拭ガチすぎ映像でレギュラー復活なるか?

拡大画像を見る

 ダウンタウンの松本人志(57)らがMCを務める紀行バラエティ『クレイジージャーニー』(TBS系)が1年8か月ぶりに復活。過激な攻めた内容が、視聴者に大きな衝撃を与えたようだ。

 同番組はヤラセ演出が問題になり、19年9月に放送終了。そのため、今回の冒頭で「視聴者の皆さまに、ご心配をおかけしたクレイジージャーニーですが、温かいご声援を受け、心機一転、ジャーニーたちの新たな旅をお届けできることになりました」とナレーションが流れた。

 そして、ジャーニーとして登場したのは、危険地帯ジャーナリストの丸山ゴンザレス(44)と、奇界遺産フォトグラファーの佐藤健寿(43)で、番組終了によってお蔵入りしていた、2年前に取材された映像が公開された。

 まず、ゴンザレスが向かったのは、大麻解禁後のロサンゼルスで、年商数億円の最先端大麻農場に潜入。また、収入源のひとつだった大麻が解禁されたことで、どんな変化があったのか知るため、ロサンゼルス最大最強のギャングに接触。相手の機嫌を損ねたら命が危ない、一触即発の危険な取材だった。

 さらに、ゴンザレスは薬物による死者が多すぎるため、政府認定の違法な薬物の使用が許される施設がある、カナダ有数の大都市・バンクーバーへ。100以上のテントが並び、問題を抱えた薬物中毒者が200人以上生活している公園を訪れた。

 そこは「テントシティ」と呼ばれる公園で、ボランティアによって運営されている。ゴンザレスが案内された大きめなテントの薬物使用室は、薬物の過剰摂取を起こしてしまった人をケアする場所で、中毒症状を和らげる治療に必要な救急セットが揃っているという。

■あまりのヤバさに松本人志も引き気味?

 するとそこに、重度の薬物中毒者たちが入ってきて、ものの10分で満員に。彼らはカメラの前で薬物を使い始めたのだが、それらはどれもハードなドラッグばかり。その中でも、“死に至るドラッグ”と呼ばれる薬物・カルフェンタニルは、ゴンザレスも「初めて見た」という一番ヤバい薬物。

 それを立て続けに、3本も注射する男性の姿にスタジオは騒然。中毒者たちが摂取する薬物や器具はモザイクで隠されていたが、あまりの衝撃シーンにバナナマンの設楽統(48)と小池栄子(40)は、「うわっ、ウソ~」「なに、この映像」と驚がくしていた。

 同番組のヤラセ問題が発覚したのは、19年8月14日に放送された2時間スペシャルでのこと。爬虫類ハンターの加藤英明氏(42)がメキシコで捕獲するはずだった6種の珍しい爬虫類のうち、4種類を番組スタッフが現地協力者に依頼し、ロケ前に準備。それを使って撮影していたことが判明したというものだった。

 当時、MCの松本は自身のツイッターで「あの番組ではマジの素晴らしいクレイジージャーニー達とたくさん出会えました。そして設楽や小池とまた一緒に仕事したいです」などと訴えていたが、今回はまさかの復活となった。

■復活を望む声も多い

 しかし、攻めた内容が裏目に出たのか、視聴者はツイッター上で「面白かったけど、ドラッグを打つところとか直視できなかった。生理的に受けつけない」「今回、過去1番ぐらい映像ショッキングで、メンタルに来る」などとドン引き。平均世帯視聴率も7.8%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と伸び悩んだ。

 その一方で、「過去にヤラセがあったけど、また復活してほしいです! 完全に終わらせるには、本当にもったいないコンテンツだ」「今、海外渡航できないし、大変なときだけど、なくしてはならない番組だと思う」などと、復活を望む声も少なくなかった。

 内容的に毎週レギュラーで作れるものではないし、現在のご時世では海外取材に出られないため、以前のままのスタイルでの復活は難しいだろう。それでも今回のように、不定期の特番としての復活ならあるかもしれない。

関連リンク

  • 5/25 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます