鷲見玲奈「口は災いの門」!“ゴシップ骨髄の恨み”がアダで「総スカン危機」

拡大画像を見る

 テレビ東京から昨年4月からフリーに転身し、最近テレビ出演も増えてきた鷲見玲奈(31)。しかし、好事魔多し、5月12日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、思わぬ「失言」が飛び出したという。

「その日の『水ダウ』は、“隣のヤツがとんでもないゴシップ話してたら仕事そっちのけで釘付けになっちゃう説”というドッキリ企画が検証されていました。TBS局内のカフェという“いかにも”な場所で仕掛け人が“自分は有名俳優と不倫してる”などと意味深なトークをして、ターゲットとなる芸人をひっかける、という内容でした」(女性誌記者)

 検証VTRの前、スタジオトークでこの説の提唱者のインパルス板倉俊之(43)が「めるるとか、(ゴシップ)聞いちゃうかな?」と、“めるる”こと生見愛瑠(19)に尋ねたところ、

「前室(出番前の待機場所)とかでお話してるときとか、けっこう右耳には聞いてます」

 と、つい聞き耳を立ててしまうことを告白。ここで松本人志(57)が、

「けっこうメイクさんとかとお話するわけでしょ。女性タレントさんは」

 と、女性たちがメイクをしながらの情報交換をしていることを指摘。

 これに、めるるが軽く同意しようとしたところに、口を挟んだのが鷲見アナだった。

「メイクさんって、すごいいろいろな情報持ってて!」

 と言い出し、おぎやはぎの小木博明が「メイクさんて、スゴい口軽い」という発言にも賛同。このやりとりは、浜田雅功(57)が珍しく呆れた乾き笑いをして「ははは……おい」と締めた。

■かつて内部告発で不倫が報じられた

「鷲見アナは、テレビ東京で五輪キャスター候補に選ばれるほどの人気ぶりだったにもかかわらず、2019年12月の『週刊文春』(文藝春秋)に、先輩アナとの“カラオケボックス不倫”というゴシップを報じられ、テレ東を去るはめになりました。その後、2020年4月16日号の『文春』で100分にわたる独占告白をし、

《(その日は)お酒を飲んでみんな寝ちゃったんです。それで各自解散して。普通に家に帰りましたし。なんでそんな噂が立ったのかが本当に不思議なんです》

 と、不倫を完全否定していましたね」(前出の女性誌記者)

 これらの“疑惑の報道”は、内部によるリークではないかと言われ、昨年6月6日に鷲見はツイッターで、

《色々あった後輩が、私の行っていたジムに『鷲見さんには内緒にしてください』と言って通っているらしい。すごいメンタル…》《鷲見さんがいなくなれば自分ができる番組が増えるって言ってたのも、プロデューサーにアピールしてたのも、知ってるんだからねっ》

 と、すぐに削除こそしたものの、実に意味深な投稿もしている。

「こういう経緯もあり、今回の『水曜日』では“ゴシップ”に過敏に反応してしまったんだと思います。ただ、鷲見アナが直接言ったわけではありませんが、今回の“ヘアメイクはみんな口軽い”という言葉は、タレントにとっては死活問題になりかねないですよ。過去に、ダイアンの津田篤宏(44)が、ヘアメイクを怒らせた結果、たいへんなことになった前例がありますからね」(前同)

■過去に4年間無視され続けた人も

 昨年4月7日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で津田が明かしたところによると、過去に『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演したときに東西のお笑い事情を話す際に、

「東京のメイクさんは若くて綺麗な人が多いが、大阪はおばはんばっか」

 という発言が、業界内で大ひんしゅくを買ってしまったという。

「関西メイク界のドンの怒りを買ってしまい、『アメトーーク』放送後、関西で誰も津田にメイクをしてくれなくなってしまったばかりか、4年間もメイク室で無視され続けたといいます。後に、菓子折りを持ってそのドンに謝罪に行くと、1時間も説教され、最後にビンタされたとか。

 今回の鷲見アナのケースも、“メイクは口軽い”発言が問題になってなければいいのですが……」(前出の女性誌記者)

 5月15日の『NEWSポストセブン』で、緊急事態宣言中にもかかわらず午後11時過ぎまで30代半ばのパイロットとのデートが報じられてしまった鷲見アナ。

 8月4日に「飾らない生身の彼女に迫る」をテーマにしたファースト写真集が控えているだけに、うかつな発言、行動には気を付けていただきたい。

関連リンク

  • 5/25 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • いなくなっても誰も困らないから消えて下さい

記事の無断転載を禁じます