愛されてるはずなのに...彼氏がいても「寂しさ」を感じる原因とは?

拡大画像を見る

彼氏がいれば、それだけで幸せを感じられるはずですが、なぜか寂しさを感じてしまうという人はいませんか?
彼氏という存在こそ寂しさを埋めてくれる存在ですので、このような状態になってしまうのはおかしいですよね。
では、彼氏がいても寂しさを感じてしまう原因とは何なのでしょうか。


自分に自信がない

彼氏がいても寂しさを感じてしまう原因として考えられるのは、自分に自信がないというものです。
あなたには自分は誰からも愛されていないという考えや、自分を素敵だと思ってくれる人なんていないという思いがあるのではないでしょうか。
このような自信の無さがあると、恋人がいても愛情を実感することができません。愛情表現をしてもらっても、それを本当だとは思えないため、寂しさを感じてしまうのです。
自信がない人が寂しさを無くすためには、自信をつけるしかありません。彼氏は愛しているからこそあなたと付き合っているのですから、それをしっかり自覚して、自信を身につけていってください。


彼氏に依存している

彼氏に依存していることが原因で、彼氏がいても寂しさを感じてしまうことがあります。
彼氏に依存してしまう人は、プライベートな時間全てを彼氏に使いたいと思います。いつでも彼氏といて、常に彼氏と繋がっていたいと考えるのです。
しかし実際にそのようなことはできませんよね。つまり、求める量が多いため、それを満たすことができず寂しいと感じてしまうのです。
彼氏に依存する人は友達がいなかったり、趣味がなかったりすることが多いです。他にも時間を使えるものがあれば、全ての時間を彼氏に使おうとしなくなり、寂しさも感じなくなっていきます。


愛情が冷めてしまった

彼氏がいても寂しさを感じてしまうのは、あなたの彼氏への愛情が冷めてしまったからかもしれません。
彼氏のことを好きでなければ、一緒にいても心は満たされませんよね。本当に好きな人が相手でなければ、恋愛による満足感は得られないものです。
あなたはまだそのことに気づいていないのかもしれませんが、よく考えてみましょう。付き合ったばかりの頃より気持ちが弱かったり、他の人のことが気になっていたりしませんか?
このような場合、別れて本当に好きな人と付き合うことでしか寂しさを無くすことはできません。そのため、今後のことをよく考えてみましょう。


原因は自分の心の中にある

彼氏がいても寂しさを感じる場合、その原因は自分の心の中にあります。
そのため、なぜか寂しさを感じてしまうという場合は、自分の心としっかり向き合ってみましょう。
そして寂しさの原因を見つけたら、それに適した対処法を取っていってください。そうすることで寂しさを解消できます。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/24 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます