有吉弘行の「盗撮発言」記者の仕事は盗撮なのか取材なのか!?

拡大画像を見る

 5月23日、お笑い芸人の有吉弘行(46)がホストを務めるラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER(サンドリ)』(JFNラジオ)で、妻でフリーアナウンサーの夏目三久(36)との買い物中の姿を週刊誌に撮られていたことについて、『盗撮』という表現を使い苦言を呈した。

※動画は「taishu.jp」で

 この有吉の「盗撮発言」について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、出演する芸能記者たちが「取材」と「盗撮」の捉え方について議論し、昨今の取材がなぜ「盗撮」と呼ばれるようになったのか、「コロナ禍での週刊誌の誌面作り」といった識者でしか知り得ない裏事情も紹介しつつ解説していった。

 出演は、ソーシャルタレントプロデューサーの加藤朱梨さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/g0XTMY9Mnm4

関連リンク

  • 5/24 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます