伝説のインド映画『バーフバリ』に新たな動き!? ファンも大興奮で「バーフバリ! バーフバリ!」と王を称えています

拡大画像を見る

2017年日本で公開されて話題を呼んだインドの大ヒット映画『バーフバリ』。

かくいう私も大いにハマって、作品の魅力を伝えるべく布教活動に励んだこともありました。

なんと『バーフバリ』が新たな動きを見せた模様!

王を称えよ! バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ!

【バーフバリ! バーフバリ!】

2021年5月21日、『バーフバリ』公式ツイッターが

「『バーフバリ』に新たな動きあり……!! 続報お待ちください」

というつぶやきを投稿。

コメントの傍らには、『バーフバリ』ファンの間では伝説となっている「2頭の牛の背中に仁王立ち」シーンの画像が添えられています。

つぶやきは投稿直後から話題になって、瞬く間にトレンド入り。

リツイート数&「いいね」の数は3万超におよび、リプライ欄は「バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ!」の声で溢れかえっているんです。

【ド派手な戦闘シーンが超話題に→ロングランへ】

『バーフバリ』の舞台は、古代インドの大国・マヒシュマティ王国。

最強戦士・バーフバリを中心とした3代にわたる王家の物語で、『バーフバリ 伝説誕生』と『バーフバリ 王の凱旋』の2作品で完結

バーフバリをはじめとする登場人物たちの驚異的な身体能力、まさかのアイディアで見せるド迫力の戦闘シーン(「ヤシの木で人を飛ばす」「弓矢3本撃ち」など)……。

他作品ではまず見られないダイナミックすぎる表現が、映画ファンの心をわしづかみ! その結果、各地での応援上映や5カ月以上にもおよぶロングラン上映が行われました。

【続編があるのか、それとも…?】

前作『バーフバリ 王の凱旋』では、バーフバリの息子・マヘンドラが失われた王座を奪還。

民衆の熱烈な支持を得て、マヒシュマティ国王に即位するところで幕を下ろしましたが……

今回ツイッターで告知された「新たな動き」とは、この物語の「続編」を意味するのでしょうか!?

今後どのような動きを見せるのか、非常に気になるところです……!

参照元:Twitter @BAAHUBALI2JAPAN、「バーフバリ」公式サイト
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 5/24 16:00
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます