「うちみたいな中途半端な家庭が一番貧乏」世帯年収600万円、40代女性の嘆き

拡大画像を見る

共働き世帯の増加により、世帯年収が増えたという家庭は多い。実際に日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省)と発表されているが、その年収の世帯はどのような暮らしをしているのだろうか。

宮城県の40代女性(小売/世帯年収600万円)は、「多くも少なくもない、中途半端に収入がある家庭が一番辛い」と嘆く。平均世帯年収を超える女性だが、実際の暮らしには余裕はないようだ。女性は普段、どのような生活をしているのだろうか。(文:中島雄太)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

結婚相手の条件は「安定収入を見込める仕事をしている人」

女性は「なんの補助も免除もないのに、税金や学費などの支払いは、収入がある人となんら変わらず普通に引かれる」と不満を寄せたうえで、「はっきりいって、うちみたいな家庭が一番貧乏です」と続けた。

愛知県の20代男性(不動産/世帯年収800万円)は、名古屋郊外で一人暮らしをしている。「年齢の割には貰っている方なので、生活がカツカツということはない」と語る男性は、分譲マンションを購入し、高級車を乗り回す。

「収入に満足はしています。でも歩合制なので、将来にわたってこの収入が保証されるわけではなく、不安が大きいです」

男性は結婚願望もあるが、「結婚するなら相手は安定した収入を見込める仕事をしている人が条件になってしまいます」と続けた。

東京都の30代男性(金融/世帯年収800万円)は、「生活に余裕はないが、数ヵ月に一度旅行に行けるし、飲み会も気にせずに行ける」と収入の満足度は高い。しかしながら、「今後は住宅ローンや教育費がかさんでくるので、節約しなくてはいけない」と不安ものぞかせた。さらに「税金がすごく高いので、なんとかしてほしい」と切実な願いも寄せた。

「生活の質は変わらず、少し貯金ができるようになった」

広島県の40代男性(メーカー/世帯年収700万円)は、妻と高校3年生の長男、中学3年生の次男の4人で暮らしている。男性は3年ほど前に外資系企業へ転職し、今の年収を稼ぐようになった。

「生活はほんの少し楽になっただけです。少し楽になったとは言いましたが、生活の質はそのままで、貯金に少し回せるお金が増えた程度です」

家計を圧迫しているのは、子どもたちの塾費用だ。男性は、「これからの子供の学費、両親の介護、自分達の老後の費用、考えただけでもゾッとします」と将来への不安を語った。

東京都の30代女性(商社/世帯年収600万円)は、「税金や各種保険料も高く、住宅ローン減税も終わり更に跳ね上がりました」と嘆く。一方で、給料は上がらないことに不満も抱いており、「教育費や生活に必要な金額は社会全体でどんどん上がっていて、そのうえ老後資金も貯めるなど不可能だと感じています」と続けた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の生活感「小遣いは月3~5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」
「妻が専業主婦で働こうとしない。金銭的な余裕がありません」年収700万円の40代男性の本音

関連リンク

  • 5/24 19:50
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます