「持ち家 VS 賃貸」?「戸建て VS マンション」?理想の住宅タイプの意識調査

拡大画像を見る

 NEXERが運営する注文住宅の基礎知識や全国のハウスメーカー・工務店の情報を発信するメディア「おうちパレット」はこのほど、住宅に関する調査を実施し、その結果を発表した。

 新型コロナにともなう在宅ワークが進み、ライフスタイルが変化しつつある中、令和時代の最新住宅事情はどうなっているのか。今回は長年議論されて、未だ結論が出ていない「持ち家派vs賃貸派」について、アンケート調査した。
 将来、住宅は「持ち家」と「賃貸」どちらに住みたいかを聞くと、約8割の人が「持ち家」に住みたいと答えた。現在は、持ち家が圧倒的に人気のようだ。続いて、「持ち家派」と答えた人に、「マンション」と「戸建て」どちらに住みたいか聞いてみると、将来持ち家に住みたい人のうち約77%が「戸建て」に住みたいと回答した。
 なお、戸建てに住みたいと考えている人に「注文住宅」と「建売住宅」ではどちらに住みたいか質問したところ、79.2%が「注文住宅」に住みたいと回答していた。
 寄せられたコメントには、「隣や下の階に住んでいる人に気を使わなくて良い」「家を自由に使える」「将来的に資産になるから」という理由で、持ち家一戸建てが人気のようだ。一方で、「賃貸」と回答した人は、「引っ越ししやすいから」というコメントが多く寄せられた。
 家を自由気ままに使いたい人は持ち家を、自由に住居を移したい願望が強い人は賃貸を、自分のなかで優先順位を決めて選ぶと良さそうだ。

関連リンク

  • 5/24 19:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます