「好きなことは財産となり、誰にも奪う権利はない」乃木坂46 山崎怜奈を支えた前田裕二の言葉とは?

拡大画像を見る

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。4月20日(火)のお客様は、乃木坂46 山崎怜奈さんとSHOWROOM代表取締役社長・前田裕二さん。ここでは、山崎さんの“歴史好き”がまったく認知されていなかったことの苦労や、前田さんのポリシーについて探っていきました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)山崎怜奈さん、前田裕二さん


◆“歴史好き”を言い続けられた理由
山崎:私が世間から全然なんとも(歴史好きと)思われていなかった時期に「アイドルの子で歴史が好きっていっても、どうせミーハーでしょう」とか。

前田:そういう心ない声もあったんですか?

山崎:“私は専門家でもないし史学科卒業でもないけど、趣味として大好きですよ”って言い続けることができたんです。それって前田さんの影響が本当にすごく強いんですよ。

前田:本当ですか?

山崎:“好きなことは財産になるし、それを持っているだけであなたは素晴らしいから、誰にも奪う権利はない。だから諦めるな、大事にしろ”っていうことをずっと言い続けているじゃないですか?

前田:いろんなところでめっちゃ言ってます。

山崎:私、ビジネス書とかを読んだりするのが好きなので。

前田:なるほど。じゃあ“いろんなところで同じことを言ってるな”って思ってました(笑)?

山崎:でも、大事だから(何度も)言われているんですよね。

前田:そうなんですよ。1回だけ言っても、大体のことって伝わらない。だから、“こうだ”っていう信念をおかしくなったみたいにずっと言い続けています。会社でも最近は“目指している方向性はこっち”っていうのを、今までは月1くらいで話していたんですけど“月1じゃ足りないな”と思って、今は週1で話しています。そんな私を、みんな“壊れたレコード”みたいだと……(笑)。

山崎:会社の標語みたいになってる(笑)。

前田:ずっと同じことを言ってるから(笑)。でも、みんなの記憶に残ればそれでいいんです。

山崎:しかも、それが自分に対するプレッシャーにもなりません?

前田:まさに。とてもなります。

山崎:それが“行動力”になりますよね。

前田:“みんなの夢を支えるんだ”って毎週言ってるから、そのビジョンがあるのに違う行動は取れないじゃないですか。それが自分に対しても、会社全体に対しても、心地よい強制力ですね。だから“この経営判断は誰かの夢を支えることになるのか”と、いつも自分へのプレッシャーとして持てるから。言葉にするのって本当に重要ですよね。

山崎:大事ですよね。しかも、その言葉として出てくるものは、結局その人が歩んできた道のりや、出会ってきた人との関わりによって、どんどん濾過(ろか)されて滲んでくるものだからこそ、嘘がない感じするし、嘘があると完全にバレるんですよね。

前田:確かになぁ。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

5月24日(月)すみれさん×竹脇まりなさん(宅トレ動画クリエイター)
5月25日(火)スチャダラパー・Boseさん×never young beach・安部勇磨さん
5月26日(水)LiLiCoさん×純烈・小田井涼平さん
5月27日(木)又吉直樹さん×桝本荘志さん(作家)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶山崎怜奈「ファンの方の理想だけを追い求めすぎると、どんどん息ができなくなってくる」 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

関連リンク

  • 5/24 18:40
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます