高岡早紀“魔性”と呼ばれ続ける理由 イベントオフショットに「誰もが惚れてしまう」「100%魔性!」の声

拡大画像を見る

『魔性ですか?』のタイトルでエッセイ本を書いてみないかという話を聞いた時には、さすがに驚いたという高岡早紀。このたび発売記念オンラインイベントでのオフショットをインスタグラムに投稿したところ、フォロワーから「魔性ですよ! 天然ものの魔性がうらやましいほどお綺麗です」や中国語で「姐姐太好看了」(お姉さんは美しすぎます)などの反響があり、「魔性ですよ! 100%間違いない!」と言い切る人も見受けられた。

高岡早紀は1996年、24歳頃に俳優の保阪尚希と結婚。だが2004年にギタリスト・布袋寅泰との不倫が発覚したことから離婚した。その後も人気俳優らとのスキャンダルを次々とスクープされるなか2014年頃に外食産業の起業家と交際が噂されており、2019年12月に週刊誌からその男性に寄り添う深夜のツーショットをキャッチされた。男性は難病で高岡がパートナーとして献身的に支えており「交際を超越した関係」と報じられていた。

そんな高岡早紀の魅力の1つはやはり容姿だろう。昨年8月にインスタグラムで家庭用プールで水遊びをする姿を公開したところ、当時9歳の娘が選んだというビキニをつけて戯れる高岡の47歳とは思えぬ姿にフォロワーから「サキさんのスタイル抜群! 参りました」、「なんとも悩ましい」と反響があった。

さらに底知れぬ才能も大きな魅力ではないだろうか。若かりし頃にメインキャストを務めた映画『バタアシ金魚』(1990年)や『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(1994年)をはじめ、映画にドラマ、舞台と数え切れないほどの作品に出演している。最近では主演ドラマ『リカ』シリーズで自称「永遠の28歳」の雨宮リカを熱演して話題になり、映画『リカ~自称28歳の純愛モンスター~』が6月に公開予定だ。また女優のみならず歌手としてシングルやアルバムを多数リリースしており、7枚目のアルバム『Sings-Bedtime stories』(2014年10月)に参加したピアニストの山下洋輔は、老舗ジャズ・ライブ・スポット「エアジン」を創設した高岡の父親・高岡寛治氏とは親友で「高岡早紀の体にはジャズが染みついている」とコメントしていた。

2015年に舞台で共演した大島優子と一回り以上離れているのに意気投合して地方の名物料理を一緒に食べに行くような人柄で、今年3月には『TOKYO MODERN TIMES 2021 ~日本のジャズ・ラテン音楽アンソロジー~』で共にゲスト出演した島谷ひとみと楽屋で缶ビールを飲む気さくなところがあり、多忙ななか自宅では愛する娘と過ごす時間を大切にする良き母親でもある。

ちなみに松本人志は2017年5月に『ダウンタウンなう』(フジテレビ系・2021年3月終了)のゲストに高岡早紀を迎えた際、坂上忍が「相変わらずきれいだね」と骨抜きにされる様子を見て唖然としたうえ、やがて自身も“魔性”に当てられて「僕のMのところをキュキュって…悪い女」と舌を巻き、山田邦子は昨年4月に自身のYouTubeチャンネルで「高岡早紀さんは会ったら殺されますよ。なんかフェロモンが違う。もう目が合ったら死にますよ」と“魔性”ぶりを表現していた。

画像2~4枚目は『高岡早紀 saki takaoka 2021年5月21日付Instagram「初のエッセイ本“魔性ですか?”発売記念オンラインイベントにご参加くださった皆さまありがとうございました。」、2020年12月28日付Instagram「お知らせです!」、2021年3月18日付Instagram「昨日は“Tokyo Modern Times”に呼んで頂き、歌手活動してたよ~」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 5/24 18:11
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます