中村倫也主演『珈琲いかがでしょう』最終回、絶望からの癒しのメッセージ

「まさかこんな展開になるとは…」。当初、中村倫也が柔和な笑顔で「珈琲いかがでしょう?」と問いかける映像を観て、月曜の夜に癒しのドラマが始まったと思った方も少なくないだろう。しかしドラマ後半、中村演じる主人公・青山の過去が明らかになるにつれ、暴力シーンは増え、ショッキングな展開へ。青山はかつて自分が在籍していた暴力団の三代目“ぼっちゃん”(宮世琉弥)に捕えられ、おまけに青山の珈琲のファンである垣根(夏帆)と青山をアニキと慕うぺい(磯村勇斗)まで巻き込まれているという事態。ではこのドラマ、癒しのドラマではなかったのか…?“幸せを運ぶ移動珈琲物語”では…?



青山(中村倫也)の言葉を少し思い出してみたい。ドラマ前半での青山のセリフ。


「全員に通じるものって案外つまらないものかもしれないなぁ。だれかにとっての特別であればそれがいいです。」(第1話)


「例えあれをもっていなかったとしても、しがみついて何かをできる人は、それに匹敵する何かを得る事ができるのではないでしょうか。」(第2話)


「関わっても関わんなくても同じなんだったら、関わっておいた方がいいんじゃねーかって思うようになっただけだ。」(第4話)


そして、たこ(光石研)の言葉。


「ゴミでも丁寧に磨けば大抵のものはなんとかなる」(第6話)


「できっこないって思ってるうちは、そりゃ無理だよ。だけど、ちょっとした加減で、変わってくるんだよ。珈琲の味も人間も。」(第6話)


どの言葉も、もともと何かを持っていなくても、マイナスからの始まりであっても、ほんの少しの心がけや感じ方の違いで、未来は変えられる。幸せは感じられる。でもその幸せは、決して特別なことではなくて、いつもは入らないカレー屋で食べるカレーが美味しかったり、「根っこがちゃんとしてないとダメなんだ」と気づいたり、壊れていたエスプレッソマシーンが直って部屋を片付けたり、ありのままを受け入れたり、今ある幸せを再確認したり、大切な人の死を受け入れたり、好きな珈琲を飲んで穏やかなひと時を過ごしたり…。そんな、ささやかな変化を大事に伝えてくれているように感じる。青山の過去がダークであればあるほど、過去の絶望が深ければ深いほど、青山の珈琲を飲んで、「私にとって青山さんの珈琲は特別な珈琲です!」という垣根の言葉は輝く。


いよいよ、今夜最終回。じっくり丁寧に味わいたい。




最終話ゲスト コメント


■市毛良枝(たこの妻・幸子 役)

世界観ができているので、はてどうすれば?と思いましたが、レギュラーキャストの皆さんの雰囲気で自然になじむことができ、やや不思議な幸子さんの人生を、おかげさまでなんとか演じることができました。


■宮野陽名(マコ 役)

マコはこの物語の中で1番視聴者に近い存在だと思います。青山さんの珈琲に対する想いを聞き、マコとしてぐっとくるものがあり、「このお話は忘れたくない」と思いました。そして、青山さんの移動珈琲に出会えてよかったです。


■前田旺志郎(若いたこ 役)

たこさんは言葉遣いが独特で、普段自分が話す言葉とは全く違う言葉を使います。そのギャップの中での表現に最初は苦戦しましたが、演じるうちに徐々に楽しめるようになりました。光石研さんが演じるたこさんに繋がるよう精一杯やりましたので、皆さま是非観てください。


■森迫永依(若い幸子 役)

ドラマ化されると聞きすごく楽しみにしていた作品なので、出演の機会を頂けて、しかも大事な最終話なんて、本当に光栄です。さっちゃんとタコさんの素敵な温かい想い出をしっかりと皆さんにも伝えたいと思いながら前田さんと演じさせていただきました。幸せな2人の気持ちが伝われば嬉しいです。



■『珈琲いかがでしょう』
最終話 5月24日(月) 23:06~23:55

©「珈琲いかがでしょう」製作委員会

関連リンク

  • 5/24 18:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます