吉永小百合主演「いのちの停車場」緊急事態宣言下の公開も初週で興収、動員トップに!

拡大画像を見る

 女優・吉永小百合(76)の主演映画「いのちの停車場」が公開初週の動員数、興行収入で初登場1位を獲得したことが24日、分かった。製作・配給の東映が発表した。21日の公開からの3日間で16万1132人を動員し、累計興行収入は1億7968万1920円を記録した。

 緊急事態宣言による休業要請に伴い東京、大阪などの映画館が休業中での封切り。それでも幅広い年代からの支持を集めての好発進。22、23日の週末2日間の興行収入は1億4844万7440円で、動員数は13万4643人。「名探偵コナン 緋色の弾丸」や「るろうに剣心 最終章 The Final」、「地獄の花園」を抑えてトップに立った。

 吉永は救命救急医を退き、郷里の金沢で訪問診療医となった主人公を演じた。22日には都内の無観客劇場での公開記念舞台あいさつに登壇し、一部映画館への休業要請に「くじけそうになりました」などと複雑な心境を吐露していた。

関連リンク

  • 5/24 17:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます