松たか子“とわ子”、オダギリジョー演じる謎の男と偶然再会!

拡大画像を見る

松たか子が主演を務めるドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第7話が、5月25日に放送される。

本作は、『カルテット』『最高の離婚』など数々の連続ドラマを手がける脚本家・坂元裕二の完全オリジナル作品。3回結婚して3回離婚したバツ3・子持ち社長の大豆田とわ子(松)が、三人の元夫たちに振りまわされながら日々奮闘するロマンティックコメディ。とわ子の一番目の元夫・田中八作を松田龍平、二番目の元夫・佐藤鹿太郎を角田晃広(東京03)、三番目の元夫・中村慎森を岡田将生が演じる。

先週放送された第6話では、とわ子の親友・綿来かごめ(市川実日子)の突然の死が話題に。インターネット上では「涙腺が崩壊している」「衝撃展開だった」「我々視聴者は(脚本の)坂元裕二に翻弄され、揺さぶられ、振り落とされる」との声が。

また、オダギリジョーのサプライズ出演にも反響が。「オダギリのジョーさんとの恋がはじまるのか?」「かごめちゃんで空いた心の穴を塞ぐのはお前しかおらん」「聞いてねぇよオダギリが出るなんて」などのコメントが寄せられていた。

<第7話あらすじ>
かごめ(市川)の一件から1年、とわ子(松)は自宅で一人暮らしを始めていた。高校に進学した娘の唄(豊嶋花)が、通学しやすい父・旺介(岩松了)の家に引っ越したからだ。娘がいない寂しさを抱えながらも、生活を楽しもうと試行錯誤するとわ子は、ある日、公園で“謎の男”(オダギリ)と出会う。

そんな中、とわ子はしろくまハウジングのオーナーが外資系ファンドに会社の株を売却しようとしていることを聞かされる。もし会社が外資の傘下になって利益重視の経営に変わると、コスト削減のために人員整理が行われるかもしれない。会社としてのこだわりや職人気質の社員たちを守るためにどうすればいいか悩むとわ子を心配し、慎森(岡田)、鹿太郎(角田)が続けざまにとわ子のマンションを訪れる。一方、八作(松田)はレストランの仕事を休み、一人で旅に出ていた。

後日、唄への届け物のために外出したとわ子は“謎の男”と偶然再会する。夢中になれることや仕事についての会話で徐々に打ち解けていく二人だったが、ひょんなことから話題はかごめのことに。すると、とわ子の口から、ずっと胸に秘めていた親友への思いが止めどなくあふれていき……。

関連リンク

  • 5/24 15:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます