妊娠中の板野友美 峯岸卒コン衣装はマタニティ配慮満載で「本当に天才」

拡大画像を見る

 元AKB48で第1子妊娠中の板野友美が23日、インスタグラムを更新。22日に行われた同グループのメンバー・峯岸みなみの卒業コンサート「桜の咲かない春はない」への出演を振り返り、この日の衣装について語った。

 峯岸の卒業コンサートは昨年4月に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け1年以上も延期に。当初は激しいダンスが特徴の「Beginner」を披露する予定だったが、妊娠中の板野は「ポニーテールとシュシュ」を披露した。

 衣装については「今回の為に、衣装チームがポニシュの衣装を再現しつつ大人めでなおかつお腹の配慮や、靴もスニーカーで似合うテイストにしてくれました」と紹介。同曲をリリースした2010年当時はミニスカートの制服風衣装だったが、板野の衣装はロングスカートに改良され「本当に天才」と感謝した。

 文字通り「ポニーテールとシュシュ」で登場し、「メイクやヘアを当時に近づけ現役の気持ちでステージに立ちました。笑」という板野。同曲のMV撮影前日に「衣装部屋で、敦子とともーみとポニシュの音源を聞いて、『この曲は絶対売れる!』と勝手に断言してました私 AKBはポニシュで売れたと今でも思ってます…勝手にね。それくらい、好きな曲です」と明かした。

 ファンからは「激かわでした」「本当に可愛すぎたよ!!!!」「衣装もともちんも可愛い」「何年経ってもずっと可愛いです」「やっぱりAKBは最高です」「ママとは思えない可愛さ!」などの声が集まっている。

関連リンク

  • 5/24 13:22
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます